交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>人身事故サポート

人身事故サポート

人身事故についてのサポートもします
よく事故現場で加害者側が「人身扱いにしないで!」と懇願されるケースがあります。初めて交通事故に遭われた方なら「?」となってしまうでしょう。

交通事故には「人身事故」と「物損事故」というものがありますが、人身事故というのはその名称の通り、人の身体に被害が及ぶ事故のことです。
それでは、先ほどのケースの様に人の身体に被害が及んでいるにも関わらず、物損事故として処理をする事のメリットやデメリットをここで整理しようと思います。

メリット
●人身事故としての届け出は出されない為、加害者側は道路交通法上の処罰(免停等)を受けずに済み、仕事で自動車を扱う業種であった場合、仕事を休業する必要性が無い。

デメリット
●警察に物損事故として届け出をしている為、この場合最も信頼出来る第三者の客観的な情報として、「事故により損害を受けたのは物だけ、人身には被害なし」という扱いになる。
これにより、当事者間(被害者と加害者)で示談交渉においてもめた場合、相手に「事故と怪我の因果関係は無い」…と主張された場合に、被害者側にとって不利になる。
●人身事故の場合には、その方が負った傷の痛み、精神的な苦痛に対して慰謝料が発生致します。端的に言えば心の傷をお金で解決する…という事です。物損に関しては物の価値に見合った補償で解決しますが、当然ながら怪我が無い…という扱いでは慰謝料は発生致しません。
●これはあまり周知されていませんが、人身事故に遭った際、本来なら自分の保険会社からも保険金を受け取る事が出来ます。搭乗者傷害保険と言われる保険と言われていますが、やはりこれも人の身体に実害が生じた場合のみ、適用される為 人身事故以外では受け取る事は出来ません。

事故や怪我の程度はさまざまですが、たとえ軽い事故であったとしても身体に受ける衝撃というのはとても大きいので、素早く痛みを取り除くためには交通事故の怪我に対しての専門治療が必要になってきます。
この人身事故というのは、自動車と自動車同士の事故によるものだけではなく、自動車と自転車・歩行者などの場合の事故であっても豊田市の接骨院での治療や慰謝料請求の対象としてサポートしております。
人身事故に遭遇してしまったという場合には、被害者側が怪我と事故の因果関係を証明していかなくてはなりません。
しかし、実際にそういった手続きをしっかりと出来るという方は少ないかと思います。豊田市の接骨院では、人身事故による治療の正当性を主張出来るような交渉力や調停能力についても兼ね備えておりますので、患者様には安心して治療に専念していただくことが出来るかと思います。
自動車保険の専門の担当者もおりますので、患者様の立場になってスムーズな交渉が出来るというのも豊田市の接骨院の強みになっております。

むちうちなどのご相談はこちらから
交通事故で緊急の場合はこちらから
クービック予約システムから予約する