交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>院長のひとりごと

院長のひとりごと

だすべし
こんばんは、院長です。
最近はらくだ接骨院「あいさつ週間」です。
別にみんなで気持ちよく挨拶しようぜ…的なノリではなく
勝手に自分がはりきって挨拶やお礼の言葉を率先して言うようにしている…
ってだけの事なんですが、これが案外自分にはハマって良かったりします。
最近私の身の周りに沢山いい言葉が舞い込んで来ておりまして、
「挨拶は見返りを求めてするものではない…させて頂くもの」
おぉ、なんてい~お言葉

これを実践すると 相手のレスポンス・反応なんて関係なくなります。
思った時に相手を労う言葉を投げる。
しなきゃ…と思った時に挨拶をする。
これが天然で実践出来ているスタッフがうちの院には何人もいますので驚きます
私は彼らから学ぶ事が思いの外多いように感じます。

ごく自然な事なのに、変な意識があるだけでスムーズに出てこなくなります。
(これって悪循環ですね…)

多分、「なんだ、あの挨拶の返し方…」とか
「こんな言葉、変に思われるかな…」とか
自分が想像していた以上に相手の反応に左右されていたんでしょうね
知らないうちに 言葉が素直に出てこない様になってしまっていた様です。

思いを言葉を出す…ってのは やっぱり気持ちいいもんで
やっぱり人間、汗や う〇こ なんかもそうですが
圧倒的に取り込むよりも 出す方が爽快な気分になります。
つまらん事を気にせず 迷ったら出す…これを癖づけていこうかと思います。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
危険ですので、走らないでください~ 
院長です。
久しぶりの家族と行動した週末でした。
(いや、ホント なかなか時間が取れなくって…ほぼ私の身勝手で)

長男が思いっきり身体を動かして遊べるように
子供用遊園地的な施設に連れて行きました。
(ほら、大きなジャングルジムとかフワフワのビニールテントとか)

子供って「どこに行った」とか 実はあんまり関心が無くって
「誰と何をしたか」って事の方が比重が高いんですよね

試しに「何が楽しかったの?」なんて聞くと
「お父さんとカンチョーやり合った事が楽しかった…」
なんて答えが返ってきます

やっぱり子供の興味や記憶って断片的で
その場面での感情の動きと関わりが深いんだな…って思います

よくオトナは「ここに連れて行った」「ここで遊んだ」って
フレーム的な事ばかり話をして
いかにも 子供と為に私はこんだけの事をしてやったんだよ…
的な事を言ったりしますが
そんなもん 子供にとっては爪の垢程の価値も無い事なのかと思えば
自然とその中身、フレームより一つ一つのシーン、
共有した時間と感情の動きが大事なんだろうな…
と考えを改め

必死に子供を追いかけて 遊戯施設の職員に怒られたり
(「危険ですので走らないでください~」はい、ごめんなさい)
滑り台を逆さに滑って 他の子供からアホに見られたり…
まぁ、とりあえず 今現在 筋肉痛で大変なんですが
とにかく自分なりのやり方で子供と関われたんじゃないか…
って自己満足のお話でした。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
自由っていいなぁ
先日、サーフィン好きな患者さんと話をさせて頂きました
アメリカと日本のサーファーでのスタンスの違いに話が及び
興味深い話を訊かせていただきました

サーフィンでは暗黙のルールとして1つの波に1人
といったものがあるらしく
日本では上級者が初級者から「いい波」を奪ってしまうのに対し、
アメリカでは「お前、さっきから波に乗ってないだろ?今度はお前の番だぞ」
といった感じで促される場面もあるらしいです
サーファー人口の多さやその時の状況にもよるかとは思いますが
環境が違うだけで
そこまで一つのスポーツに対する楽しみ方のスタンスに違いがあるのかと感心させられました。

競技人口が増えて、結果的にプレッシャーが高くなったとしても
個々の楽しみを奪ってまで我を通す必要も無かろう…
といった患者さんの意見に激しく同意致しました
  
釣りの世界でも妙な勝ち負け意識があり私自身も似たような事は数々経験してきました。
彼等は釣った魚の数や大きさを比較しあうんです
例えば熟練の釣り人がいつも通り釣り上げた魚と
父親に連れられて初めて子供が釣った10センチにも満たない小魚…
同じ1匹でも、これらは等価値ではないでしょう
(あくまで個人的な意見としてですが…)

それに、そもそも魚に価値なんてありません
価値を与えているのは人間自身で
牛や馬が釣れた魚を見たら決して羨ましいなどとは思わないでしょう

それぞれの人に一定の価値観があるとして
それを大きさや数などといった偏った価値観を植え付けるのは
釣りの楽しみ方を狭くするものだと思います。

他人より大きな魚を釣った…という価値観も有って結構
ただそれは他人の居場所を狭くする暴力的な自意識でなく
自分のモチベーションを維持する為などに使うものの方が
はるかに自然であり、協調性があり、自分らしい楽しみ方に忠実だと思います

先日プールに行った時にも思いました
外国人の中年のお母さん…といった感じだったでしょうか?
お世辞にもスリムな体型とは言えない様な
広大なアメリカの大地を思わせるような体型で、
なお彼女は堂々としていました。
彼女は我々の固執した概念の外に居るワケで
とりわけ不幸だとは思っていない
ありのままの自分を出せるのは強い証拠で
そう思えば自分も気づかないうちに枷にはめられている事に気が付きます
特別な意味や侮蔑でもなく 自由ってのは羨ましいと本気でそう思いました


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アベリアホープレイズ
院長です
今年も接骨院の玄関前にツバメが来ました。
今年の住人(住燕?)は少々騒がしくて
チュンチュン鳴いていたかと思えば
最後に「ギイィィッ」といった感じで変わった鳴き方をします。
(村上春樹の小説に出る「ねじまき鳥」ってこんな感じなのかも…)
ともあれ、早速接骨院の玄関はフンだらけ…
みなさん、くれぐれも糞害にはお気をつけください。

さて、特別意識されている方はいらっさいませんが
接骨員の軒先に花壇があります。
花壇と言う割には花と呼べるような植物は無く
アベリア・ホープレイズという常緑の植物があります

一応時期になれば小さな花は咲きますが
花というよりも、どちらかと言えば
個性的な葉の模様を楽しむのがメインの植物です
開業した際に小さな苗木を園芸屋さんから買いましたが
今ではしっかりと刈り込まないと
夏場はジャングルのようにワサワサ茂ってしまいます

とりあえず丈夫が取り柄の植物ですので
管理が苦手な私にぴったり。
伸びてきたらザクザクと刈り込むだけです。

そんな丈夫なアベリアでしたが、
2年ほど前からアブラムシが発生して 
そのまま放置すると 見事なまでに枯れ木になってしまいます。
アブラムシ用の殺虫液を買って霧吹きで散布しましたが
しっかりと駆除する事が出来ずに
やはり何本かは枯れ木になってしまいました。

開業の頃から育ててきた木でしたので思い入れも強く、
枯らしてしまった事をとても悔やんでいましたが、
しばらくすると、アブラムシにやられて枯れ木になったはずの木から
小さな葉っぱが数枚芽吹いているじゃぁないですか!

新しい苗木に植え代えようか迷っていたところですが
「この子も生きようと必死になっているんだな…」
と思うと、見栄えの悪い枯れ木でも処分出来ずに
しばらく見守っていました

すると2年程かかって、枯れる前の、約5割程に回復してきました。
ホント強い奴です。来年にはもっと回復すると思います。

今年からは、既に実証済みの効果的な殺虫剤でアブラムシを駆除しています
患者さんに造園業の方がいらっしゃいますので
その方にアブラムシの効果的な駆除方法をうかがいました。
「キンチョールがいいよ」
へっ? きっ、キンチョールですと?
意外…プロは特別な薬液を使って駆除しているのかと思えば、
実際は普通の家庭用殺虫剤だったワケです。
何ともまぁ、思いもよらない所に答えはあるもので
事実は小説よりも奇なり といった感じです。

実際に使用した翌日にはアブラムシが
黒く変色して沢山の黒ゴマをまぶした様になってました。

今年からはアベリアを死守してやりたいですね
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
接骨院での治療が終わればチビチビと
院長です。
久しぶりに独り言を更新……まぁ いつも独り言なんですが
せっかく分けてるワケですから たまには更新です

先日、患者さんからお酒を頂きました
(Hさん と言っておきましょうか……)

「先生、ウイスキー飲むかい?」
僕は そんなに酒に強い方ではありません
少しだけ 嗜む程度にウイスキーは飲みます
香りが好きですが、強いのは苦手なので大体は水割りで……

そんなこんなで 問答しているうちに
Hさんが ウイスキーを僕に下さると言うんです
「あぁ、ありがとうございます」
「今、車につんであるから」
「えっ、いいんですか?」
「いいのいいの どうせワシは飲まんから」

……なんで車に積んでいるんでしょうか 不思議です 
しかも 自分は飲まないのに 何故? 謎は深まるばかり
Hさんは御自分の車に向かったかと思えば
高価そうな酒瓶をかかえています 

「うゎ、高価そうなウイスキー ……」
「死んだワシの親父が好きでねぇ…」と遠い目をしておっしゃる

あぁ なるほど……
……………
…………………
………………………

……って遺品っすか?  ……重っ!

「昔、親父はよく仲間と飲んでてねぇ」
と目を細めて宙を眺めてます
その視線の先には 誰がいるんでしょう 
僕が目で追っても 見えるはずもございません

そんなワケで 仕事終わりに酒瓶を恐る恐る開封 
……大丈夫です 飲んだ途端に胸が苦しくなったりしてません
こんな酒の味もろくに分からないような僕に飲まれて
Hさんの父上は不本意に思われたかもしれません

Hさんご自身は「家で置いとくより 好きな人に飲んで貰った方がええわ」
と 言っておられました
物には作り手の精神が宿るなんて事をよく聞きます
僕が これを飲む資格があるか否かは別にして
やはり酒として生まれたからには 酒として飲まれる方が本望……なのかな?
少しずつは 減っていますが
大酒飲みではないので 相変わらず仕事終わりにチビチビやってます 
思いのこもった大切な遺品、有難く頂戴致しております 

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する