交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「施術も丁寧にして下さり、すぐに良くなりました」豊田市のサワムラ様より交通事故、むちうち治療のご感想inらくだ接骨院
 

豊田市、サワムラ様

急な腰の痛みを感じ、らくだ接骨院にお世話になりました。

病院のかしこまった感じが苦手で、今までの通院を続ける事が少なかったのですが、

らくだ接骨院さんは病院内が明るく先生方も気さくに話しかけてくださり、

病院内に対してのイメージが180度変わりました。

施術も丁寧にして下さり、すぐに良くなりました。

蛯原先生方も、いつも笑いをありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

サワムラ様、今回は事故後の腰痛に苛まれた事をお見舞い申し上げます。

さて、交通事故…と言えばむちうちというイメージが強い様に思えますが、果たして首のむちうち以外の損傷は実際のところどんなケースが多いのでしょうか…

実際は首だけでなく、腰や背中、脚や手、肋骨部分なんかも怪我の部位として考えられます。

(実際に事例として多いか少ないか…といった問題ではなく、あくまで起こりうる事故の損傷うとして挙げておきます。)

例えば、手首…ここは妙な角度でハンドルを握っていた際に強く捻ってしまう可能性がありますし、我々が以前経験した症例の中には、「チャイルドシートに座っているお子さんが飛び出さない様に手を伸ばし、支えた事が原因で肩や肘を痛めた」…なんて方もいらっしゃいました。

それから脚…ここは自転車や歩行者しか怪我しないだろう…と思われがちなのですが、実際は強い前後の衝撃を踏ん張って耐えようとした際に全体重が妙な関節ポジションのままの足にかかってしまって怪我をする…なんてパターンが考えられます。

それから肋骨…さすがにここはないでしょ…って思いますか?

実は前のめりにバランスを崩した際にハンドルに胸を打ち付けて肋骨にヒビが…なんて事も起こります。ハンドルでなくても、強烈な勢いで膨らんだエアバックに強打される形で肋骨骨折…って事もあります。(エアバックはドライバーさんの命を守る為の装備であって、肋骨を優しく守る…といったコンセプトで設計されていないのが特徴的です。だから、肋骨程度は仕方ない…なんて事を言う訳ではないのですが、相当な事故の衝撃を吸収する事になる訳ですから、ある程度は仕方のないことなのかもしれません。)

ただ、ここでも落とし穴がありまして、単に肋骨骨折だけを注意してみればいいか…といえば、実際に多いのは肋骨の骨体と軟骨の境目で離断してしまう状態もありうるんです。

これを肋軟骨離開と言います。肋軟骨を損傷した場合には、この部分がレントゲンの画像では写らない為、交通事故による損傷として認められないケースも多くあります。

実際にその離開を起こした軟骨部分に接触する事で激烈な痛みが引き起こされるので、簡単に判断する事ができるのですが、やはり昨今の整形外科や大きな総合病院などでは、直接患部に接触してくれることも疎かにされがちな為、実際には事故でそういった部分の損傷がみられても見過ごされることが可能性として高くなってきます。(レントゲン撮影やMRICTスキャン…といった検査機器が今のように発達する前まではこういった「触診」といった検査方法は重要視されていたのですが、こういった診察方法の変遷も時代の流れ…と片付けてしまうには勿体無くもあり、惜しい気持ちを最近では感じます)

患者さんと診察する側の触れ合いが大切…なんて湿っぽい事を申し上げたいのではなく、新しいものを導入するにしても、「いいもの」まで無くしてしまう必要ななかったのではないか…とも思います。

事故に遭われた患者さんのお怪我の状態を把握する為にやはり触診…というものは欠かすことのできないものだという認識は我々らくだ接骨院の治療家スタッフ全員が持っている共通認識です。こういった緻密な検査方法の積み重ねが患部の状態把握に大きく寄与するものだと我々は考えています。豊田市で「どこの接骨院に行っても治らない」といった悲観的なご感想をお持ちの方にも原因から組み立てられた治療により納得の成果を出して差し上げられることをお約束申し上げます。

サワムラ様、今回の様に「病院に対するイメージが180度変わった」とご意見をよく頂きます。そういったお声を頂く事が我々にとって、なによりの褒美になります。

貴重な交通事故のレポートと励みになるお言葉、改めて感謝申し上げます。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「首の痛みが激しく、動かすことが困難でしたが...」岡崎市の石渡様よりむちうち・交通事故治療のご感想in豊田市、らくだ接骨院
 

岡崎市、石渡様

事故直後の来院時には

首の痛みが激しく、動かすことが困難でしたが、

首以外の場所を施術されることで、次第に首か動く様になり、

3ヶ月経った今では、日常生活に支障が無くなるまで回復しました。

また、先生方も気さくで話し易く、

普段苦手な通院が楽しくさえ感じました。

らくだ接骨院で治療して良かったです。

ありがとうございました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

石渡様、この度は交通事故によるむちうち治療を受けていただきまして本当にありがとうござす。

石渡様は岡崎市にお住まいですが、隣の市からわざわざ豊田市まで通院をしていただける事は我々にとってやはり光栄なことです。その分患者さまの期待に応えられる様な対応をさせていただかなくてはならない為、我々らくだ接骨院のスタッフはより高次元な対応をせねばならない…といった強い意識で臨んでいました。

さて、石渡様は首の痛みが酷くて動かすこともままならない状況はさぞ辛かったのではないかと思われます。すこしずつ痛みは緩和してきたのは何よりでしたが、相当な辛い思いをされた事にもお見舞い申し上げます。

石渡様のむちうち症状に限ったことでは無いのですが、実際に首以外の箇所を治療する事によって症状が改善するむちうち症は多い…という事は間違いなくございます。

もちろん事故の衝撃による外傷…といった根本の因果関係を否定する様なものでは一切ありません。(当然のことですが、事故との因果関係が主張できない様な怪我であれば、保険会社の補償するところではなくなってくるものです。)

我々がお話しているのは、姿勢の変位などの要素によって通常の状態よりも筋肉に負荷を受けやすい状況が起こり得て、結果として事故の痛みを思いの外強く感じてしまう事がある…という可能性のことをお話しているつもりです。

何故か…それは頚椎周辺の筋肉は姿勢によって不必要なテンションを受けてしまう事があるからです。例えば猫背…これは肩甲骨を含めた上肢帯(肩甲骨、上腕骨、尺骨、橈骨…といった腕としての機能を持ち合わせたユニット)が前方に移動し、僧帽筋の上部繊維や菱形筋といった筋肉が牽引される形となり、負担を受けた筋肉が痛みを引き起こす誘引として大きく関与する事が多いんです。

つまりただでさえ猫背で首の周辺筋における11のバランス関係が大きく崩れているところにムチウチなどの物理的ストレスがかかり、損傷した事で通常よりも大きな痛みを発症してしまう可能性が成人の方でしたら大いにある…ということが言いたいのです。

その場合、むちうちによる首の損傷を治癒させる上での治療の組み立て方は、首の位置を正しい位置に戻してやり、その次に傷んでしまった筋肉を修復させる方向に導いてやる…といったイメージです。

ただ、自動車保険の人身担当者はそういった広範囲の治療は事故のものとして取り合ってくれない事がほとんどですので、ここは事故とは無関係のもの…として保険は使用せずに治療を進めていくことも場合によっては必要になってくるかもしれませんが、我々らくだ接骨院は愛知県ナンバーワンの責任がありますので、事故に遭った患者さんの治療では(そうでなくても…ですが)必ず結果として出して差し上げる…という強い自負があります。

交通事故の怪我による痛みは何が何でも消していく…という強い意識を持って治療に挑みますので、必要に応じて細かい事も言ってられない…って事がしょっちゅうです。

豊田市に沢山の接骨院がある中で、当院を選んで頂いた患者様には、必ず事故前よりも健康な状態になって欲しい…と思っています。石渡様、いつもは敬遠がちな病院、接骨院への通院を辛抱強く続けていただきまして、本当にありがとうございます。やはり我々は来院していただく…というのが前提になってしまいますので、通院意識の高い患者様のやる気にいつもたすけられています。

その上、貴重なレポートまで頂いた事に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「渋滞の中 玉突き事故に巻き込まれました」安城市の中村様より交通事故によるむちうち治療のご感想in豊田市のらくだ接骨院


 安城市、中村隆明様

いつもさわやかなあいさつで始まる接骨院

私は渋滞の中 玉突き事故に巻き込まれました。

首と背中に痛みを感じ院長に相談した所、とても親切に対応して頂き、

感謝しています

保険会社との対応にも相談にのって頂き、

痛みだけでなく不安も取ってくれる最高の接骨院です

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

中村様、この度は渋滞の中、玉突き事故に遭われて本当に大変な思いをされましたね。

渋滞中だと事故後の処理をするにも、警察などが身動きが取れない為に一通りの処理がおわるまでかなり時間がかかったりしますよね。

やはり事故後に地元の警察を交えて検証などを一通り行っていなければ、後日改めて現地に出向いて現場検証などをすませなければならない為、二度手間になって億劫になったりします。

やはり事故直後であれば現場の保存状態も良好ですので、その時に済ませれば間違いないのですが、怪我が酷い場合にはこの限りではありません。

当然ながら、事故による怪我の処置が急を要するような場合には初期での応急処置が重要になってきますし、軽いむちうち程度でしたら話は別ですが、警察の現場検証に同行するうちに症状が悪化してしまう危険性が少しでも考えられるなら迷わず救急車で病院に搬送してもらった方が安心です。

事故処理を優先するあまり、頭蓋内出血などの重篤な症状を放置して死亡してしまうケースも可能性として充分にありますので、まず優先すべきはご自身の身体だという事をよく覚えておいた頂きたいです。

せっかくの機会を頂きましたので、事故後の処理の手順として、優先順位によって行う行動は大きく変わってきますので、ここで事故後処理の優先順位などをおさらいしておきましょう。

もちろんシュチュエーションによって対応は大きく変わってくるのですが、事故後まず行う事は続発する事故を未然に防ぐためにも、当事者の車をまず安全な場所に移動させるところからが始まりです。(これが結構疎かになりがちなので注意してください。当事者間で事故後の処理に関して話し合う事は勿論大切なのですが、そこに自動車が更に追突してきてしまっては話が一層こじれる事は間違いありません…あと、なにより危ないです。生身の身体で車に跳ねられでもしたら、「むちうち治療」なんて言ってる場合じゃありません。大きな病院に入院…もしくは死亡事故もあり得る話ですので充分にお気をつけ願います。)

車を安全な場所まで移動させたら次は事故による負傷者の確認です。ここで急を要する…と判断した場合には繰り返しお伝えしている事ですが、迷わず救急車を呼んで搬送してもらってください。

比較的負傷の程度が現場検証に耐えられる程度であると判断した場合には警察を呼んで事故処理を行ってください。その場で事故処理を済ませた方が、やはり後々の事務的負担は少なくて済むはずです。

さて、その後は…といったところですが、ここでは意外とらくだ接骨院への電話ばベストだったりします。…どうしてか?

それは、病院にかかる前の段階で連絡を我々にとって貰う事のメリットがかなり大きいからに他なりません。

保険会社と交渉をする前に、相手方と示談交渉をする前に、車屋さんに損壊した自動車を預ける前に、病院や整形外科に通院をする前に…  豊田市で事故治療の実績ナンバーワンのらくだ接骨院に連絡していただく事で、どのように処理を進めていくのがベストなのか…をアドバイス出来ればと思っております。

さて、中村様は首や肩、腰にまで痛みが波及してしまっておりましたが、首を中心に少しずつ症状

取れてきているものと認識しています。やはり腰の背骨沿いの筋肉に強い硬さは見受けられますが、ここにも根気強く治療を施し続ける事で状態を改善する事が可能だと考えています。

元々中村様はサーフィンがお好きですので、しっかりと事故の怪我を改善し、心置きなく趣味に没頭できるような身体に戻って頂きたいと願いながら施術を続けていきたいと思います。

この度は事故の貴重な経験をレポートとしてまとめていただきまして、本当にありがとうございました。
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「体の状態はもちろんの事、事故の経過の事もサポート...」豊田市のえみ様より交通事故・むちうち治療のご感想inらくだ接骨院

 
豊田市、えみ様

「あっぶつかる‼」と思ったら次の瞬間にはぶつかっていました。

その時は、そこまで大きい事故ではなかったので、大きなケガしなくてよかったと思っていましたが、
数日経って、首と腰が痛くなり、病院に行こうと思って、かかった事がある病院は治療にやや不安があり、
改めてネットで探してみた所「らくだ接骨院」を見つけました。
初めてかかる接骨院だったので不安がでしたが、
初めてTELした時に院長先生が電話に出てくださり第一声が「何か今困っている事はないですか?」と言われ「え?」と思いましたが、
体の状態はもちろんの事、事故の経過の事もサポートしてくれたり、いろんな面で信用出来る接骨院だと思います。

体の治療もその日その日の状態に合わせた治療をしていただけるので、その場で痛みが楽になるのを実感出来ます。またしばらくお世話になるかと思いますが、お願いします。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

えみ様、この度は交通事故に関わる治療をレポートしていただきましてありがとうございます。

事故の治療をするために掛けた電話で「何か、今お困りの事は?」なんて訊かれても流石に戸惑ってしまいますよね…(驚かせてしまって、ホントごめんささい)

でも、特に被害事故の場合には、なかなか相談に乗ってくれる人が周りにいない…といった方ほど保険屋さんとの交渉がうまくいっていない事が多いのは間違いありませんので、「知らないうちに圧倒的不利な状況で示談を迫られていた」なんて事にならない様にする為に、早い段階で交渉ごとのアドバイスを開始していった方が患者さんの納得のいく形で示談交渉を進めていく事が出来るものです。

だから、電話を受けたその瞬間に持っている悩みを解決出来る…というのが理想的です。初動での対処が遅れれば遅れるほどに問題が解決しにくい状態にまで事態が悪化する事が考えられますので、関わったその日から「患者さんの事故に対するお悩み」の解決に携わらせてもらっています。

特にえみ様の場合には「保険会社から送付されてきた書類の意味がわからない」といったお悩みもお持ちでしたし、「何故、自分の自動車保険の等級が被害事故なのに下がっているのか分からない」といった様なちょっとした専門知識を必要とする様な対応を必要としましたので、ここら辺は豊田市内でも対応出来る接骨院は我々らくだ接骨院だけ…だと自負しています。初めて電話をかけていただいたのがらくだ接骨院で良かったと思います。(本当にそう思います)

この対応で基礎知識として重要なのは、等級の下がる事故はどういったものか…といったものです。ノーカウントの事故ももちろんあるのですが、基本的には人身傷害保険を使用した場合にはノーカウントとなります。逆に3等級ダウンとなってしまうのは車両保険を使用した場合、対人保険、対物保険を使用した場合です。

えみ様の場合、相手の車が修理もしなかった上に人身事故として怪我の治療も行わなかった為、対人保険も対物保険も使用せずに済んだ…という事が幸いでした。

結果的にご自身の保険で使用するのは搭乗者傷害保険とご自身の怪我を保証する人身傷害保険のみで、晴れて保険の等級は据え置きのまま…という事がほぼ確定しました。

えみ様が後日持ってきた保険の継続手続き書類には保険の等級が3等級ダウンした状態での契約となっていましたが、これは「もし対人・対物保険を使用した場合の契約内容」となっているのかと思いますので、こちらは保険会社に直接お電話で事の詳細を説明していただき、等級が一切変わらない様に見張っておかねばなりませんが、理にかなわない事は受け入れない…という断固とした態度を取るにしても正しい保険の知識が根本となりますので、こちらも接骨院で治療を開始した直後の早い段階でご相談いただいた事が幸いだったと考えています。

やはりどの事故患者さんにも共通して言えることではありますが、「最初は大した怪我ではないと思っていた」という意見はどの方にも共通して言える感想なのかもしれません。

えみ様も事故直後からは想像つかない程の痛みに苛まれる事となりましたので、実体験として改めて事故の怪我の大きさを実感していただけたものかと思います。

今度は事故の怪我を豊田市の一番有名な接骨院で綺麗に治した実体験を是非ともご自身の周りの方々に語っていただきたいと思いますので、その分治療も精一杯やらせていただきたいと思っています。

治療中、もちろん治療が終わったとしても示談をする瞬間まで我々が関わるべき問題だと思いますので、らくだ接骨院に交通事故で関わっていただいた患者さんは、もれなく納得した形で事故の手続きを円満な示談…という形で完結していただきたいと思いますし、頼られた我々はそうなる様に仕向けていく義務があると考えています。

体の改善だけでなく、事故後の処理全般でこれからもえみ様をサポートさせていただきます。こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

えみ様、最後になりましたが、改めてらくだ接骨院の交通事故対応と治療にご感想をいただきましてありがとうございました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「車、身体、保険等、不慣れなことばかりで...」豊田市の磯谷様より交通事故、むちうち治療のご感想inらくだ接骨院
 

豊田市、磯谷あゆこ様

とても運悪く3年連続で事故に遭い、いつも突然やってくるので 車、身体、保険等、不慣れなことばかりで病院のリハビリでは電気と温めだでで一向に良くなるとは思えず接骨院を紹介してもらいフレンドリーで不安や疑問に丁寧に説明してもらえ安心して通うことが出来ました。ありがとうございます‼

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

磯谷様、この度は度々交通事故に遭われた事、お見舞い申し上げます。

以前事故に遭った際にもらくだ接骨院に通院して頂いた磯谷様ですが、こちらから望んでもいないのにあちら側から一方的にやってくるのが交通事故でして、もちろん歓迎する様な要素はどこにもありませんが、病院に入院する訳でなく接骨院に通院する程度で済んだ事をむしろ幸いだった…と我々らくだ接骨院のメンバーは勝手に解釈しております。

さて、磯谷さんが「車、身体、保険等、不慣れなことばかりで…」とおっしゃる様に、何度か交通事故を経験していらっしゃる方でも、事故の事後処理にそれほど精通している人…なんて殆どいらっしゃいません。(逆に慣れている方がみえたら「この人、ひょっとしてあた◯屋さん?」って勘ぐってしまいます。)

今日は交通事故に遭った際の車のトラブルに関して少し話を進めていこうかと思います。

当然交通事故にあった際には車同士の事故の場合、車の修理が必要となります。

結論から先に申し上げれば、「全損とは、修理価格が車体本体価格よりも高くなってしまった場合は全損扱い」となります。

これを分かりやすく家電などで例えると、10万円するテレビが壊れてしまい、修理しようとして修理業者に見積もりをお願いしたら、修理費が20万円と言われた…といったシチュエーションに似ています。

通常、こういった場合にはみなさんどうするでしょうか?20万円払ってテレビを直すでしょうか?…  もちろん人間はどんなものにも愛着を持つ生き物ですので、そういったプライスレスな要素は全て排除出来るようなものではありません。

しかし、その修理費を相手側の保険会社が払う…といった場合はどうでしょう?

やはりそういった人間の感情に関わるところまでは現実的に補償が及ばないのはある程度仕方のない事でありますし、現実問題として同じグレード、同じ走行距離の車をオークションなどで探してきて、乗ってもらった方が加害者、被害者間での双方が納得する落とし所としては妥当な気がします。

こういった理由から、車の修理に必要な費用を一旦算定し、その修理費が同程度の車の市場価格と比べて高いようであれば全損扱いとなって修理ではなく、その車の市場価格に相当する額が被害者に弁済される…という形になっています。(ちょっとややこしいですか?)

交通事故の被害者さんは、事故でご自身の車を壊された…といった被害者意識が先行することもあり、なかなかこの話を受け入れきれないケースが多い事が現実です。また、実際に全損になった事で、その車の市場価格を受け取ったとしても同じ様な車は買えない事がほとんどです。(だからこそ被害者さんも保険会社の補償に納得できないのでしょうが…)

ただ、我々は自動車に乗る事で価値を消費しながら物を使っているのだから、これもある程度は仕方のない事だと言えます。新車で買って数年後に安く売る…これは日常よくある事です。

数年乗っている間に価値が低くなっているわけです。これは中古の車を買っても同じ事で、新しい車は絶えず発売されている限りは型落ちになって価値が下がる事は誰しも受け入れなければならない事実です。たとえ型落ちしていなくても、乗っていれば少しずつ消耗していくものですので、やはり時間の流れに伴って価値が目減りしてきます。これがいわゆる減価償却…という考えです。

(自動車に限らず、家やちょっと高価なテレビも減価償却しますから、これは自動車保険にだけ適応されているものではないと言えます…例えば火災保険もそうですね)

決して「自動車は価格が下がるのが当たり前だから、保険会社から低めの査定額が出たとしても甘んじて受け入れなさい」という事が言いたいわけではなく、少しの価格的な目減りは覚悟しておいた方がいい…という程度です。

もちろん、保険会社から出された市場価格があまりにも低すぎた場合には、当然被害者側から交渉する必要も出てくるかと思います。当然交渉しなければ、相手側の物損担当者の言いなりになってしまうことは間違いありませんから…

注意していただきたい事は、先ほどの減価償却…という概念が無いまま交渉に臨んだ場合、全損の際に「なんで同じ車が買えないの?」と納得がいかず、当然向こうの保険会社も譲りませんので、必要以上に事故の患者さんが精神を擦り減らしてしまう…という事態です。

適正な形での示談はもちろん大切な事ではあるのですが、必要以上に交渉で難航し、患者さんの精神が擦り減ってしまう事の方が重大な損失だとも思います。

だからこそ、真っ当な落とし所をある程度認識していただいて余裕をもって交渉していただいた方がよろしいかと思われます。

その真っ当な落とし所も予備知識が無ければ、それが保険会社の物損担当者と必要以上にもめてしまう原因にもなりますので、豊田市で一番実績のある我々に意見を聞いて頂ければ幸いです。

もちろん、患者さまでなければ…とは言いません。豊田市にお住まいの方でしたら、遠慮なくお電話でお問い合わせいただければお答えしますね。

磯谷様、今回は改めてレポートをいただきまして、本当にありがとうございました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光