交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「事故の後遺症で首から腰の痛みに悩んでいました」豊田市の矢崎さんより交通事故・むちうち治療へご感想



豊田市
矢崎南様

事故の後遺症で首から腰の痛みに悩んでいました。

接骨院=痛い ってイメージがありましたが、

知人の紹介でらくだ接骨院に通う事になりました。

毎回痛い所に合わせて治療法を考えてくれました。

通院してるうちに痛みが和らいでいきました。

先生方には感謝しています。

本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)




【院長よりひとこと】

矢崎様、今回は御知人の紹介でらくだ接骨院を選んで頂き、本当にありがとうございます。

最近では紹介で交通事故治療にいらっしゃる患者さんが本当に増えてまいりました。豊田市内で当院のサービスが評価されてきているのを嬉しく思うと同時に、同じ豊田市でご紹介を頂いている患者様の為にも、決して期待を裏切らない様な対応を今後も誠心誠意努めていく所存です。

さて、今回矢崎様が遭われた事故は相手側が事故後逃げてしまう…という特異なケースのものでした。これは最近自動車保険(いわゆる任意保険というやつです)に加入していない人が逃げてしまう事が多かったりするんですが、意外と任意保険に加入している人でも「怖くなって」とか「気が動転していて」といった理由で逃げてしまったり…という事もあるのが驚きです。

肝心なのは、まず警察に連絡して例え相手側が居なかったとしても現場検証を確実に行う事です。

そもそも自分に非がないのに逃げたりする事は考えられませんよね?(自然に考えて)

だからこそ、一番最初に居合わせた人間が事故の事を証言する事で、そこで聴取された事が比較的重要視されるんです。警察による現場検証はなによりもの証拠になりますから、例えちょっとした交通事故であっても、怪我が軽い事故であっても、相手側が逃げてしまっても、必ず行った方がいいでしょう。(自分に非がないと信じているなら尚更ですよね)

例えひき逃げや当て逃げした人間が後から出頭してきたとしても、一旦逃げたり人間の言っている事なんて、大して信頼出来るものではありません。(これは道路法規上どうとかいう以前の話になりますよね)

実際に加害者対被害者…という構図が出来上がっているところに第三者である警察が事故の実態を記録している…というのはトラブルが起こった時に事実関係を照会する大切な拠り所となりますので、面倒でも確実に済ませておきたいところです。

さて、毎回話が逸脱している気がしますが、矢崎さんが接骨院にもたれているイメージである「接骨院=痛い」というものを払拭出来た様でしたら何よりです。

実際に我々が交通事故患者さんを治療する上で、大切にしているものは患者さんごとに合った治療を早い段階であてがう…という事です。効果的ではあるけれど痛くて耐えられない…なんて治療が長続きするはずはありません。だからころ辛い場合には意見をあげていただき、それに対応した手技を選択出来る…という形を採用しています。それを可能にする豊富なレーパートリーの手技療法を備えておりますので、辛くないかつ効果のある治療を受けられる…と豊田市内の接骨院の中でも高評価をいただいております。(詳しくはこのブログは他のサイトにある口コミなどを閲覧して頂ければ一目瞭然かと思います)。今後も豊田市の皆様から交通事故地域一番院として認知される様な院として精一杯の対応をさせて頂きたいと思います。矢崎さん。素敵なご感想ありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「病院というイメージが変わりました」豊田市の岩崎様より、むちうち、交通事故治療のご感想



豊田市
岩崎尚之様

一時停止を無視した車に右前方からぶつけられて、初めて救急車に乗って、

車が廃車になって、色々とあり、体中がとりあえず痛かったです。

幸い、骨には異常が無く、妻が通った事のあるらくだ接骨院に

通院する事になりました。

院長先生をはじめ皆さん楽しく接してくれ、病院というイメージが

変わりました。治療の説明等はわかり易く教えてもらえたので

良かったです。病院が嫌いな私でも、アットホームな雰囲気で

迎えてくれたので、楽しく通院することができました。

症状についても話し易かった雰囲気もあり、その時にあった

治療を受ける事ができました。

また、機会があれば事故以外でも通院したいと思います。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)



【院長よりひとこと】

岩崎様、今回の事故では本当に大変な思いをされた様で、心からお見舞い申し上げます。

「病院というイメージが変わった」と言って頂ける程にらくだ接骨院の交通事故治療を評価して頂いた事が我々にとって何よりの褒美です。岩崎さんの様な事故のケースでは、事故における責任はほぼ相手側にある…と思えてきそうですが、実際に交差点内で起こった事故の場合はには責任割合で100(岩崎さんの責任が一切無い)といった形でにはまずなりにくい…という事は確かです。

一般的に100の責任割合は、完全に停車している状況で相手側が後ろから追突(いわゆるオカマほられた…というやつです)といったシチュエーションか、事故の相手側が全面的に過失を認める…といった特異なケースでしか起こりにくいものです。

実際に交差点内で事故が起こった場合には、相手側が例え信号無視で交差点内に進入してきたとしても、こちら側に12割程度の過失割合が課せられる事もよくあります。

ただ、ここでいう1割や2割の責任割合は「ほぼ過失は無いが、事故を避けるように行動出来なくはなかった」といった程度です。しかし、ここで相手側の物損や療養費(人身事故となった場合)を弁済しようとして自動車保険を使用すれば、やはり保険の投球が3等級下がってしまう…といった事はどうしても避けられない為、文字通り「割に合わない事故」となってしまう事は必然と言えるのかもしれません。

この場合、多くは物損だけで済むケースもあるので、相手側の出方次第では自動車保険を通さない方がいいケースも実はあるんです。3等級下がった際には当然年間の保険料は跳ね上がる事になる訳ですが、これらのトータル金額が弁済せねばならない額よりも高い場合には自動車保険を使わずに実費で治す…というのも一つの手段となりそうです。

物損の場合、双方の損害額を一旦一つのテーブルの上に乗せ、それらを責任割合で割った分が自分の負担分になるので、この物損の額対保険料…といった図式になります。

ここで注意しなければならないのは、相手が怪我を治療するか否か…といった事です。

通常はほぼほぼ自分が悪いのに「怪我の治療をよろしくお願いします…」なんて結構厚かましい事を平気で言える神経の持ち主なんてなかなか居ませんが、これらの高いハードルを悠々とクリアして相手の療養費が発生する場合には、いくら自動車保険の等級が下がろうが間違いなく保険を使った方がいいという事になります。

つまりは相手の出方次第…という事は間違いなくて、少しでも不安を感じるようでしたら保険を使ったほうが安心だ…という事に変わりはないです。なんせ、保険というものは「安心を金で買う」という役割が一番大きな要素なので、この一番大きなベネフィットを切り捨てられる人なら、そもそも保険自体が必要ではないのかもしれませんね。話は逸れましたが、最後に岩崎さんが「事故以外でも通院したい」と言って頂けた様に、これからも豊田市で当院が沢山の支持を受けられる様なサービスを提供していきたいと考えています。素敵なご感想、どうもありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「丁寧な説明や治療のおかげで...」豊田市のKS様より、むちうち・交通事故治療のご感想



豊田市
HM.様

交通事故に遭い、骨には異常が無かったのですが、23日後、

首と肩に痛みが出て、インターネットでらくだ接骨院の

ホームページを見て、通院することにしました。

最初は、不安でしたが、院長先生やスタッフさんの丁寧な説明や治療のおかげで

安心して通院でき、症状も緩和していきました。

本当に感謝しています。

ありがとうございました。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)




【院長よりひとこと】

HM.様、沢山の強豪ひしめく豊田市の交通事故インターネット検索において(笑)、らくだ接骨院をお選び頂き、本当にありがとうございました。

今回は事故直後に痛みは無く、2、3日経過した後に痛みとして首と肩の痛みを自覚された…とのこと。そうなんです、HM.様が体験された通り、事故直後は大して痛みを自覚されない事は結構多くて、やはり受傷後で炎症のピークを迎える2、3日後というのが痛みが発生し始めるゴールデンタイム…といっても過言ではないのかもしれませんね。

今回は診断書を書いてもらうタイミング…という事に関して少しだけ触れてみようかと思います。

言うまでも無く、交通事故における医師の診断書は事故の事後処理を進めていく上で重要な役割を果たす事が多くなります。

では、ここで問題…診断書に明記がない部分の交通事故治療は認められるでしょうか?

答えは限りなくノーです。ここで出される医師の診断書は裁判などでも有効な公文書としての効力があります。逆の言い方をすれば、裁判でも有効な書類だからこそ事故後の示談交渉においても重要な証拠として扱われる…という事が言えるのではないかと思います。

ちなみに同じ様な比重の書類を接骨院で出す事は出来ません。結局は日本の医療業界の中で医師の診断は絶対であり、それを他のどんな書類をもってしても覆すことは困難だ…という事です。

だとすれば、交通事故の怪我で治療費や後遺障害認定を相手側の保険会社に訴求していく上で、痛みがあるのに診断書や、お医者さんのカルテに治療経過や傷病名が明記されていない事は危険だという事は誰にでも分かる事かと思います。だからこそ、一番最初に警察提出用として出された診断書に何が書かれているか…を確認しておくことはとても重要であり、

仮に書かれていない部分に対して治療を希望するのであれば、その部分も併せて治療を認めてもらう様に診断を整備する事も場合によっては重要になってくる…という事になります。(もちろん、確実に事故によって損傷している箇所であるにも関わらず、診断書に明記されていない…といった状況は事故に遭った被害者である患者さんを救済する…といった観点からも見過ごす事は出来ないものです。)ここで、一つオススメ出来る事とすれば、事故直後よりも確実に痛みが出やすい48時間後(つまり事故から2日後)くらいに痛みのある部位を見せる為、医師の診断を仰ぐ…といった方法があります。どうせ交通事故に遭って気も動転している状況かつ、ドーパミンやアドレナリンが沢山出て痛みが緩和されているところに診断を受けても、状況を正確に反映させた診断書が出る見込みがない様であれば、いっそ症状が出揃うまで待ってそれから診断を受ければいいんです。ただ、ここで注意しなければならないのは事故後一週間以上経過して受けた診断は交通事故との因果関係を疑われるリスクがある…という事です。だから、事故日から間を空けるのも程々に…といったところでしょうか。ただ、緊急性のある怪我であれば、この限りにあらず…ですので、個々のケースに関してはらくだ接骨院までご相談頂ければ幸いです。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「日に日に改善するのを実感...」豊田市のKS様、交通事故・むちうち治療への感想



豊田市 KS

和気あいあいの雰囲気の中、患者のつらい所を

しっかりと治療してくれ、日に日に改善するのを

実感できました。

ありがとうございます。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)



【院長よりひとこと】

KS様、この度は豊田市内の数ある接骨院から、らくだ接骨院を選んで頂きありがとうございました。「和気あいあいの雰囲気の中」や「日に日に改善するのを実感」といった2つのフレーズは、我々らくだ接骨院スタッフが普段から患者さんから持って頂きたい…と日頃から思い、目指している部分でもありますから、それが達成されていた事を、こういった率直な意見として言って頂けた事は我々らくだ接骨院スタッフにとって何よりもの褒美になります。本当にありがとうございます。

さて、KS様は頚部と右肩の痛みを訴えられて事故の治療にご来院頂きましたが、頚部におけるむちうち損傷は、交通事故においてオーソドックスな損傷であるのに対し、肩関節の損傷は少ない…というのが正直なところでしょうか。

実際に肩の関節が痛むのは、やはり追突時の衝撃により負荷を受けるからであって、多くの場合はステアリング(ハンドル)を持っていた手に体重負荷などがかかって肩関節周辺の組織を損傷する…といった形で怪我に発展します。

外力としてはステアリングから肩関節にかけて長軸上の衝撃がかかりますので、上腕骨が後方に移動するする様な負荷になります。結果として追突時のストレスは肩関節後方部分の関節包や靭帯、上腕三頭筋といった軟部組織を損傷させ、肩の挙上運動や安静時痛、肩関節後方部分の圧痛などの症状につながります。同じ様な発生機序から、車のダッシュボードに膝をぶつけて損傷…といった怪我もよく起こりうるので、こちらに関しても初診時に見落としがない様に注意が必要だったりします。

やはり交通事故と言えば「むちうち」といった認識が主流なのですが、むちうちというのはあくまで事故による怪我で好発する部位である…というだけであって、個々の事故による怪我は当然ながら「型にはまったものではない」という事をお伝えする必要がありそうです。

中には患者さんご自身が事故による怪我を自覚していない事が多くて「ここの部分が痛いんだけど、どうしてかな…」なんて悩みを寄せられる方も多々いらっしゃいます。

事故の際、その部位にどういった負荷がかかって、どの組織が損傷するのか…といった事がしっかり理解出来ていないと、初診時の損傷を見落とすばかりか、最悪の場合は後遺症として症状が残存しているにも関わらず保険会社にその部分の治療費や後遺障害に関わる賠償を訴求出来ない…という事態も大いに有り得ますので、様々な可能性から損傷の検査、診断、治療を行える接骨院でなければ、患者さんが思わぬ損失をこうむる可能性がある事をご注意頂ければ…と思います。

中でも我々らくだ接骨院の事故治療は豊田市内でも一番の実績を持っていると自負しております。ちょっとした痛みだから大丈夫…と油断する事なく、是非些細な事でもご相談いただければ幸いです。KS様の素敵なご感想にらくだ接骨院スタッフ一同、感謝致します。どうもありがとうございました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「みんなとてもいい人でおもしろくて大スキでした」豊田市のMKさん むちうちと交通事故治療の感想




豊田市
MK

最初は紙しばいで分かりやすく説明してくれました。

治療を始めるたびに、その時の調子をきいてくれたり、

力の強さ加減をきいてくれたりしました。

最初は常に腰が痛かったけど、接骨院に通っていると

段々痛みがやわらいでいきました。

みんなとてもいい人でおもしろくて大スキでした☺

何かあったらすぐまた通いたいです♡

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)



【院長よりひとこと】

MK様、このたびは交通事故の治療にらくだ接骨院を選んで頂き、ありがとうございました。

MK様が評価して頂いた通り、当院は初めて交通事故に遭って「何も分からない」という方にも分かりやすく「事故患者専用の紙芝居」を用意しています。その内容は保険屋さんへの対応から、自動車業者や整形外科、弁護士・行政書士などのご紹介に関してまで細かく説明させて頂いています。

(事故に遭った患者様のお悩みの中で、「分からない事すら分からない」といった事をおっしゃられる患者さんが多かった事から、この様な形でらくだ接骨院としての事故対応を理解して頂ける様なツールを整備した…という経緯があります。)

MK様はむちうちによる首の痛みもありましたが、腰にも事故特有の痛みがみられましたので、これらの部位にも事故専門の治療が必要になりました。特に追突事故による前後のストレスは腰椎のカーブに強いストレスを加えますので、椎間板ヘルニアなどが交通事故の衝撃で悪化したり…なんて事も多々あります。特にこの様な症状の場合、前後のストレスに対してとても脆弱な様態ですので、イメージとしては元々あった悪い状態に強い追突事故のストレスにより追い打ちをかけた…といった表現が一番しっくりくる様な表現になるのではないでしょうか…

つまり、事故による怪我の一部には、「元々あった損傷が追突による衝撃により悪化した」といった種類のものが結構あったりするワケです。ただ、実際に治療する段階で「この怪我は事故によるもの」「この部分は元々あった悪さ」といった様にクリアカットに分けた上で事故によるものだけを治す…なんて器用な事、出来るはずがありません。

(車の修理なんかも一緒ですよね…ボディの凹んだ部分を指して、「同じ部分に2回ぶつかってるけど事故によって傷ついた部分だけ直しておきます」なんて事出来ないのと一緒です。)

らくだ接骨院の交通事故治療では元からある骨盤や椎骨の整列の悪さを改善し、その上で新鮮な炎症を改善して行こう…というのが大まかな方向性です。だからこそ、それぞれの事故で損傷された患者さんは「事故の前よりも快調になった」といって喜んでもらえる治療が可能になっているのだと思います。事故以前よりも健康になりたい…といった願望を持った豊田市内の患者様には、是非らくだ接骨院にお任せ頂ければと思います。最後にMK様に「大すき」と言って頂けた事が我々の大きな喜びです。とても嬉しいご感想を頂き、本当にありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光