交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「不安や悩みも聞いてくれて...」豊田市のK・F様よりむちうち、交通事故治療のご感想inらくだ接骨院



豊田市、
KF

事故当日は痛みより不安とおどろきで、どうしていいかわからず、病院にも行きませんでした。

痛みが出て整形外科に行っても異常なしといわれ、吐き気、頭痛、腰痛をかかえ  こちらの接骨院に電話で相談しました。

遅い時間でしたが、ていねいに対応していただきました。院長先生は身体の痛みがだけでなく、不安や悩みも聞いてくれて、いろんな意味で事故後の支えになってくださいます。スタッフの皆様の雑談や笑顔も素敵です。今、仕事しながらケアがうけれれて本当に感謝です。院長先生、スタッフの皆様  ありがとうございます。

※これはあくまで個人的な感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

KF様、この度は大変な交通事故に遭われてしまった様で、心よりお見舞い申し上げます。

交通事故後の不安は患者さんによりそれぞれありますが、むちうちによる首や腰の痛みに耐えながらの「異常なし」といった整形外科の診断も、交通事故患者さんの心理を大きく揺さぶるものである事は確かな様ですね。「こんなに痛いのに…異常が無いのにどうして痛いの?」と患者さんの不安は一気にピークに達した状況で、らくだ接骨院の治療を受けにいらっしゃる患者さんが多いのも事実です。もちろん、整形外科や病院での診断はレントゲン撮影による結果に基づいて行われる事が主流ですので、骨組織に異常が無い…といった意味での「異常なし」といった意味なら充分に理解出来るものかとは思いますが、むちうち外力により損傷した骨組織以外の要素をしっかりと認知、説明した上での「骨組織に異常なし」といったアナウンスが概ねできているか…と言われれば、10年以上豊田市で接骨院を営んでいる私自身の経験からすると不充分と言わざるをえないケースが多々あります。(もちろん、その点を充分にわきまえて患者さんにしっかりと説明する整形外科や病院のお医者さんもいらっしゃる事も確かです)

交通事故患者さんの心のケア…なんて言葉を使うと若干大げさに聞こえてしまいそうですが、少なくとも「事故の処理で困った事があったらいつでも聞ける人がいる」といった環境は事故患者さんの精神衛生的な見方からしても重要ではないかと常々感じております。特に追突された場合などにありがちな100の責任割合をあてがわれたケースなどでは、ご自身の保険会社は一切示談交渉に参加してくれない…といった事が殆どですので、口の達者な交渉のプロ(相手側の自動車保険、人身担当者)と最初から不利な交渉を進めざるをえない状況に追い込まれたりします。

何度でも言いますが、【初めての事故、交渉で頼れる人が誰もいない、整形外科では異常なしと言われる、相手の人身担当者が無茶な言い分で交渉をしてくる】こういった状況に一体どれだけの人が耐えられるんでしょうか?…ただでさえ事故の怪我が痛くて深刻な状況なのに、これに加えて自動車の修理や怪我をした事による仕事への障害、病院への送迎や日常生活動作が困難な場合には家族にまで迷惑をかけてしまう事になりますし、普通の人ならどうにかなってしまいそう…と思うのが普通ではないか…とも思います。こういった事故の患者さんが抱えるであろう不安を少しでも取り除いて治療に専念出来る環境を整える事も我々らくだ接骨院の役割だと勝手に自負しております。だから何かあった際の電話連絡先も患者さんには教えて差し上げますし、我々が出来る精一杯の対応を常に意識して行動しております。心も身体も事故前よりも健康になって、納得した上で保険会社と示談して頂ければ幸いです。豊田市内で交通事故にお悩みの方に少しでも力になれる様、今後も患者さんへのフォローを徹底的に行って参ります。KF様、事故後の心情も含めて赤裸々にレポート頂きまして感謝いたします。ありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「痛みがだんだん無くなって...」豊田市の吉岡様、交通事故とむちうち治療のご感想です



豊田市、吉岡恋様

交通事故に遭いむち打ちがひどかったので、らくだ接骨院にお世話になりました。

様々な治療をして頂き、嫌な痛みがだんだん無くなっていったので とても感謝しています。

先生たちも、みなさんフレンドリーな方々でとても雰囲気が良かったです。

※これはあくまで個人的な感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

吉岡さん、この度はご家族共々、事故の治療をらくだ接骨院にお任せ頂き、本当にありがとうございました。吉岡さんは交通事故による受傷直後よりも、事故後しばらくしてから背中の部分での炎症が強く出てきた…といった報告を頂いています。事故直後は何ともなくとも、次第に炎症が強くなってきて「最初は思ってもいなかった部分に痛みが出現してきた」なんて事は、ここ豊田市で事故の治療を沢山させて頂いている中では本当に星の数ほどある…といっても大袈裟ではないでしょうね。

特にむちうちの外力がかかった時に、負担を受けやすいのは首周辺の筋肉…と相場が決まっている様に勘違いされる事も多いかと思いますが、実際には上部胸椎といって胸の高さよりも上の部分で背中の損傷も頻発する部分だったりします。やはり人間は頭の重い動物ですので、それを下から安定させているのは首であり、その首を下から支えているのは他ならぬ上部胸椎なんです。

この上位胸椎というのは、植物に例えるなら根っこの部分、首の骨がある部分は植物の茎…に例えられるでしょうか…。ちょっとした事故の外力であれば、植物の茎が折れる、曲がるくらいで済むものですが、大きな力が加わった時ほど根っこに大きなダメージがかかるものです。

一番最初の問診段階で、やはり一番目につきやすい部分は首で間違いないのですが、上位胸椎部分の筋肉(傍脊柱筋)に損傷が無いか…をしっかり判定しておくのが初見時の検査で重要になってきます。

この炎症を起こした脊柱に沿った部分の筋肉にたいする治療法として、初期の段階で有効なものの一つとして、らくだ接骨院では触圧覚刺激法という治療法を採用しています。

この手技は筋肉に散財している固有神経受容器に対して、緊張を取るような刺激を加える事で筋肉自体の緊張を緩和させる効果があります。しかし、事故の患者さんで注意しなければならない事は「損傷を起こしてしまった筋肉」である事を忘れない事です。

当然むちうちの外力が加わった後には、損傷した筋肉に防御生の筋収縮が起こってきます。つまり生体防御が自然な形で掛かっているものに対して、それを緩める…という治療行為を行う事になるわけです。想像出来るかと思われますが、損傷を起こしてしまっている筋肉の緊張を取りすぎてしまう事で、その筋肉はかえって無防備な状態になり、生活上の負荷がそこに加わる事で初期の段階よりも事故の傷が深くなってしまう…という可能性もあり得るという事になります。だからこそ、ここで注意すべきは「首の筋肉の緊張を取りすぎないようにする」という事と「緊張を取った後はテーピングなどの固定を併用して行う」というケアが必須になってくるんです。少し難しい話になってしまいましたが、普段我々が交通事故の患者さんに施している手技に関するこだわりを少し説明させていただきました。こういったテクニックを駆使し、これからも豊田市で交通事故患者さんに指示される様な接骨院として被害者救済に邁進して行きたいと考えています。

もし、豊田市内でお住まいの方で事故に遭われて困っている方がおみえになりましたら、らくだ接骨院をご紹介頂ければ幸いです。

吉岡さん、改めまして、素晴らしい感想を頂きまして本当にありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「指のしびれもむちうちも完治しました」豊田市の神谷様、交通事故治療のご感想



豊田市、神谷健二様

事故でむちうちと指のしびれが出ました。整形外科で指のしびれは事故と関連不明と診断されたので保険やも認めてくれませんでした。認めてくれなくても事故から指がしびれるので、不安で心配でしたが、院長先生が治ると、治療を続けてくれました。

通院して指のしびれもむちうちも完治しました。先生、スタッフさんに感謝です。

余談ですが、保険やが認めてくれない指のしびれの治療費を保険屋から回収出来たか心配です。

※これはあくまで個人的な感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

神谷様、お気遣いとご感想を頂き、ありがとうございます。

さて、交通事故のむちうちが原因として起こる症状として、特に手の痺れ…というのは結構ありふれた症状であるにも関わらず、「因果関係が分からない」と言われたのはなかなか心外でしたね。

実際には事故の前と事故の後を比べる事で、「そのケガが事故によるものか否か」を判断する基準とするのが理想的ではありますが、実際に体が悪くないのに整形外科に通院する人なんていませんから、実際の交通事故でそれを実現させる事は不可能に近い事なのかもしれません。よって事故の怪我であっても、「それが事故による怪我なのか」を病院や整形外科でしっかり認めてもらう事が重要になってきます。(そうでなければ事故と怪我との因果関係が立証されずに、最悪後遺症になってしまったしても、加害者側にこちらの損害賠償を訴求出来ない…という事態も考えられます)

神谷さんの場合、手の痺れは首の筋肉の短縮から起こっていた事ですので、むち打ちの治療がしっかり出来ていれば問題なく消失していくものだ…といった我々どもの目測は立てられておりました。

手にまで走行する神経繊維は脊髄から出て、首の椎骨の横から枝を出し、首周辺の筋肉を貫通する形で枝分かれをしながら、最終的には指先にまで届きます。その途中の何処かで圧迫、牽引、ストレスを受けた事により神経症状が出てきてしまうので、やはりここで痺れを起こしている手自体の治療をする事には大した意味が無いのはお分かり頂けるでしょうか?

肝心なのは頚部を安定させている筋肉や頚椎(首の骨)配列を安定させていく事であり、目先の症状にとらわれ過ぎていては、治療の本質からだいぶ遠ざかっていってしまうのが常です。

交通事故治療初期の段階で本来治療すべきユニット部分がはっきりと認識できるのも、初診時の神経学的なテストをしっかりと行っているからであって、一つずつの症状と悪さを結びつけて患者さんの不安を取り除く…という事も我々が事故の患者さんに提供出来る安心の一つだと考えます。神谷様は仕事で手をとてもよく使う事情がありましたので、その部分の説明をしっかりさせて頂いた事に安心感を持ってもらえる…といった好結果につながったのだと思います。沢山の不安を抱えておみえになる交通事故患者様の不安を少しでも取り除けるよう、豊田市の皆さんに精一杯の治療を行っていきたいと思います。神谷様、改めて気付きの場を頂きまして本当にありがとうございました。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「治療に行くのが私の楽しみにもなりました」豊田市の鈴木様より交通事故・むちうち治療へのご感想



豊田市
鈴木俊彦様

私は、仕事中追突事故にあい、知り合いの紹介でらくだ接骨院に通う事になりました。事故に遭い不安な私に先生は丁寧に説明をしてくれました。

わからない事も私のわかるように、親切に話していただき、治療に専念できました。

他のスタッフの皆もいつも明るく出迎えてくれて、治療に行くのが私の楽しみにもなりました。まだ治療の途中ですが、これからもよろしくお願いします。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)



 

 

【院長よりひとこと】

鈴木様、この度は事故での治療をらくだ接骨院にお任せ頂き、ありがとうございます。

同じ豊田市にお住まいのご友人からのご紹介で来院頂きましたが、例え紹介があったとしても、初めて行く様な接骨院に事故の後遺症を治療してもらおうとして通院する…というのは実はハードルが高かったりするものです。改めてらくだ接骨院を信頼してくださり、ありがとうございます。

鈴木様はお仕事中に交通事故に遭遇されましたが、日中はみなさん仕事をされてみえますので、営業の方々を中心として、実は仕事中の交通事故はかなり多かったりします。

今回は仕事中の交通事故に関して少しお話しようかと思います。仕事中の交通事故…と聞いて、ピンとくる方もお見えになるかと思いますが、その場合に治療費を請求しようとした際の訴求先として労災も一つ選択肢の中に入ってきます。労働中に起こるのが労働災害…という認識は社会人の方には確立しておりますが、では その仕事中の交通事故は…と考えた場合に、「会社の外で起こった事故だからなぁ…」なんて諦める必要はありません。

実は労災保険に通勤労災という形で請求しつつ、通院日数に応じた慰謝料などを自賠責保険や任意保険会社に請求する事は可能なんです。ちなみに、この通勤労災で補償されるのは治療費と休業損害のみだったりします。(つまり慰謝料は別…慰謝料を訴求する場合には、やはり任意保険会社か自賠責保険になります)

ただ、無条件でこの通勤労災が使えるか…と言えば、それはまた別になります。これはあくまで被害者救済的な処置になり、基本としての大原則は相手側(加害者側)に訴求 相手側の任意保険会社が一括対応という形が自然になります。相手側が事故後に逃げてしまっていたりして、本来なら自分で体を治したり、車を修理したりする筋合いが無い様な場合に被害者救済の一環として、こういった制度が用意される場合があります。

普段であれば労災…といえば、職場の認定が貰えずに「通りにくい」「通しにくい」という感覚が強い労災保険ですが、こういった通勤労災に関しては いくら請求しても職場の労災保険料率に響かないので、労務関係の方からも抵抗なく申請されている制度だったりします。

この通勤労災と自賠責保険を合わせれば、交通事故の際に比較的手厚い補償が受けられる事は事実です。通常は任意保険会社は自賠責保険の上限である120万円という枠を意識して交渉を進めるのですが、治療費や休業補償を労災に一任する事で、残った120万円の枠を慰謝料で充分に補償して貰えるからです…。(これは相手が任意保険に加入していない場合や相手が逃げてしまったケースなどに用いられるケースです。)

請求先の選択を誤れば場合によっては、思わぬ損をする事になってしまいますので、よく我々らくだ接骨院に相談した上で決定した方が良さそうですね。


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「事故当初、頭痛、首、肩、背中、腰といった体中が痛くて...」豊田市吉岡様よりらくだ接骨院の事故治療にご感想



豊田市
吉岡久美子様

事故当初、頭痛、首、肩、背中、腰といった体中が痛くて、

ネットで接骨院を探したところ、自宅から遠くない

らくだ接骨院を知り、すぐに電話、予約をして診てもらいました。

初診の時から、今の自分の体の状態を分かりやすく説明してくれて、

事故から1ヶ月経った今も毎回毎回、今日の体の調子を聞いてくれて、

それに合った治療をしてくれます。

先生方も明るく楽しい方達ばかりで、治療中も笑いありの面白くもあり、

頼れる接骨院だと感じています。今後もよろしくお願いします。

(※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません)



【院長よりひとこと】

吉岡様、今回の交通事故で本当に沢山の部分を傷められ、らくだ接骨院スタッフ一同心からお見舞い申し上げます。吉岡さんが事故当初から感じられていた頭痛ですが、こいうった事故によるむちうち損傷がある場合には、結構な頻度で頭痛が起こってくるものです。

直接的な頭痛の引き金は頭に流れる血行障害や頭蓋が緊張した筋肉により引っ張られる事に起因するのですが、それらを細かく探っていくと結局は頚椎の捻れ…といったところに辿り着く様になっています。

やはり原因が頚椎という事なので、MRICTスキャンなどで色々と検査をしても脳をはじめとした神経組織に異常はみられない事がほとんどです。

肝心なのはむちうちによりどの組織にどれだけの負荷がかかったかを解析し、それに対する治療が出来ているかであり、その部分がきっちりと治療出来ていなければ当たり前の話ですが頭痛は取れる事はありません。

逆に頚椎の治療がしっかりと出来ていれば、特別頭に対する治療は必要なくて、むちうちの症状が治まるのと時期を同じくして頭痛も自然と治っていきます。吉岡さんの事故治療に関しても同様で、頚椎の悪さを治す事が優先すべき問題でしたが、やるべき事をやっていればやはり自然と頭痛も治ってきた…という型通りの悪さでした。

ただ、ここで大切になってくるのが、「患者さんの変化を見逃さない」といった事ではないでしょうか…。正直言って型にはめる…という事は柔軟な判断が出来なくなるので、あまり好ましい事とは言えません。だからこそ吉岡さんが評価して頂いた通り、「毎回毎回身体の調子を聞いて…」といった部分が重要になってきます。思いの外治療スピードに鈍化が見られたり、むしろ症状自体が進行していったり…といった場合には当然治療そのものに見直しが必要になってきますので、毎回治療家が事故患者さんの状況を勝手に判断するのではなく、直接「調子はいかがですか」と変化をうかがうことで柔軟な治療対応が可能になり、限られた期限の中で事故の後遺症として残るリスクを無くした高品質な治療が提供出来るのだと考えています。らくだ接骨院は豊田市では他のどの接骨院よりも患者に「調子はいかがですか?」と様子をうかがう様な言葉を投げかける接骨院ですので、患者さんにピッタリな交通事故の治療を提供できるものと自負しております。
貴重なご意見、本当にありがとうございました。
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光