交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「事故に遭うのは初めてで不安はありましたが...」伊藤様より豊田市らくだ接骨院の交通事故治療にご感想をいただきました

 
日進市、伊藤秀幸様

事故に遭うのは初めてで不安はありましたが

以前この接骨院に通っており、しっかり治療してくれるのはわかっていたので

治療の仕方などはすべて任せて時間とともに不安ははなくなりました。

毎回治療してもらうと痛みがはなくなるので感謝しています。

ありがとうございます。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

この度は治療レポートをご記入いただきありがとうございました。

まずは交通事故の際に身体にどのような事が身体に起こるかを説明させて頂きます。追突、いわゆる後ろから車をぶつけられた状態で、一般的には首や腰に症状が出る事が多いのです。伊藤様の場合も首と腰の症状でしたね。首という部分は56キロもある首を常に支えている状態なのですが、追突された時に体幹が前にずれてしまい、首だけが後ろに取り残させた状態になってしまいます。この状態で首が過剰に後ろに行ってしまう(過伸展)状態になり、更に反動で反対方向に大きく前に行ってしまう(過屈曲)の状態になってしまいます。過伸展、過屈曲は頚椎、靭帯、筋肉に大きな損傷を与えてしまうのです。

しかし、軟部組織(筋肉や靭帯)が損傷してもレントゲンには映らないのが病院で症状が認められない要因となってしまう事も事実です。そこに対して適切なアプローチをしていくのが私達の役目なのです。私達は、問診、検査を必ず行い現在の筋肉の状態を把握し損傷してしまっている際にも遠隔的なところからアプローチをかけたりしていき筋肉の症状を抑えていくといった治療をさせて頂きました。やはり、事故直後というのは筋肉や靭帯の損傷の程度がひどいため直接的に治す事ができないのです。だからこそ、損傷している筋肉にいかに負担がかからないように周囲の筋肉を緩めたり、患部を冷やしたりする事が大切になってきます。

患部の症状が治まってくると、肩や腰が重くなったり、だるくなったりして慢性の肩こりや腰痛のような症状が出てくる事が多いのです。これに関しては、損傷してしまった筋肉が修復する際に硬結といった筋肉の硬い組織が出来てしまうのです。最終的にはこの組織が取れてくるとしょうじょうはもっと安定してくると思いますよ!

腰の症状に関しても、座席に深く腰掛けてしまっている状態で体だけが前に行ってしまい、腰が残ってしまうため頭から腰のところまで付いている脊柱起立筋を損傷しやすくなってしまうのです。こちらも患部の状態を問診や検査で把握し適切な治療を施していきます。伊藤様の場合には筋肉自体の損傷の度合いは軽かったため、事故の際に緊張してしまった筋肉の柔軟性を高めるような治療を、マッサージや運動療法を使いながらしっかりと治療をさせて頂きますね。

こうつうじこのさいはいつでもらくだ接骨院を頼ってください。

投稿者 らくだ接骨院 (10:12) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光