交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「半年間整形外科へ通いましたが、全く良くならず...」豊田市の植田様より交通事故、むちうち治療のご感想inらくだ接骨院


 豊田市、植田裕美様

昨年末に遭った事故で、半年間整形外科へ通いましたが、全く良くならず、

何とかしたくて、ネットでらくださんを知り、通わせていただきました。

1ヶ月しかない時間の中、首が全くといっていいほど曲がらなかったのが、

3日くらいで曲がる様になり、仕事もあまりできなかったのが、

かなりラクにできるようになりました。

ほんと、こちらへ通ってよかったです。ありがとうございました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

植田様、この度は保険会社の人身担当者からの強いプレッシャーの中、万難を排して当院に通院していただきまして本当にありがとうございました。

通常は半年間、他の病院や整形外科に通院した後に、そのまま接骨院に続けて通院する…と言い出せば保険会社の人身担当者は、自賠責保険で認められない療養費は当然の事ながら自社の持ち出し分になってしまいますので、負担額の増加を嫌って事故の怪我としての継続通院を拒否する場合が多くあります。なので、半年間整形外科に通院した後に、当院への通院を認めてくれた…といったケースは極めて稀であり、保険会社の人身担当者も比較的理解のある対応をしてくれたもの…として我々は捉えています。

最近は通販型の自動車保険会社も多い中、こういった事例はかなりすくなくなってきた様に思います。全ての事象には理由がある様に、通販型の自動車保険という商品が安く買える…という事にも理由があります。それは単にインターネットを介して売買する為に、代理店などに取られる中間マージンが無いから…といった理由だけでは説明しきれないものである事も豊田市で事故に遭ってお困りの患者さんに強調してお伝えしたい部分でもあります。

通販型の自動車保険が一般的な自動車保険に比べて安いのは今に始まった事ではありませんが、単に「安い」という理由だけで選ばれなくなってきている厳しい状況は各社抱えている問題である…という事は時々耳にするところですが、価格競争の結果、過度に安売り合戦が進行し、必要な部分(サービス)まで削らなければ価格競争に打ち勝てない…といった悪い地合いが通販型自動車保険のサービスの質を著しく低下させた要素である事も併せてお伝え致します。

やはり通販型の自動車保険で一般的に削られているサービスの一例としては、まず、「専任の事故担当者がつかない」といった事でしょうか。

やはり担当者が専任でないことによって何回も同じ様な事を保険会社に説明しなければならないケースや相手側への交渉もスムーズにまとまりにくくなるケースなども多々あります。

もちろん、担当者がつく事によって保険担当者が休みの際には交渉自体が前に進まない時期というのはどうしてもできてしまうのですが、実際に相手側と直接連絡を取り合って交渉をする…といった場面は思いの外多くは無い…と感じます。(実際に交通事故の被害者さんの話を沢山聞いていく中で、「1回きり事故後に電話があったけどそれっきり…」といった例は少なくはありません。要は要所要所できっちりやるべき事をやれば、事故の処理としては問題ない…とも言えます)

ですので、自動車保険を比較的していく際には担当者がつくか否か…といった要素はやはり重要になってくるのです。

あと、やはり自動車保険の保険料が安い…という事は保険会社の持ち出し分は最小限にとどめるべき…といった示談交渉の方針は揺るぎないものになる筈です。

(保険料は安いわ、自賠責保険でカバー出来なかった分の慰謝料などの自社からの持ち出し分が多いわ…では保険会社の収支というものも滅茶苦茶になってしまいますので…)

そうなれば、事故の相手側が「満足に補償が受けられなかった」といった理由で、自分が雇った保険会社を飛び越えて自動車の修理費用や事故の怪我にかかる医療費を請求される事だってあり得るんです。

だから、事故した際に相手側の保険会社はどこなのか…といった事も大切なのですが、自分が雇った保険会社がきっちり相手の補償に対応してくれる様な会社なのか…といった事も気にしなけらばならないという事になります。

長々とお伝えしましたが、安いなりに理由がある…といった事はよくお判りいただけたのでは…と思います。

こういった通販型の自動車保健に対しての関わり方として、相手側についた場合には警戒を…自分が契約するにしても警戒を…といった注意をして頂いた方がやはり無難です。

一方的な物言いをされた場合には「わかりました。少し考えさせてください」といった内容を伝えて一旦電話を切り、我々に相談したうえでそれが妥当か否かを判断し、最終的な答えを出された方が得策だと思います。

ちょっとした事でも分からないままにしていれば問題は知らないうちに大きくなってしまっています。問題が発生した時点で解決する癖をつけて事故の問題に対するストレスを極力減らした状態で施術に臨んで頂ければ幸いです。何か疑問点がありましたら遠慮なくらくだ接骨院までお問い合わせください。

投稿者 らくだ接骨院 (05:17) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光