交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>事故患者さん100人の声

事故患者さん100人の声

「追突による玉突き事故に遭い、救急車で...」豊田市のAK様より交通事故治療のご感想inらくだ接骨院


 豊田市、A.K

後続車の追突による玉突き事故に遭い、救急車で病院搬送され頚椎捻挫、背・腰部挫傷との診断を受け整形外科に通院し始めました。当初、体中の痛みの中、無保険の加害者と、保険会社の対応ととても大変でした。半年ほど整形外科に通うも思うように回復に向かわず、きちんと治してくれる治療院に通いたいと思いらくだ接骨院を見つけました。

最初に体の筋肉や筋、神経など、どのように損傷しているのか、今後の治療について丁寧に説明して下さり、医療関係者に対して抱いてしまっていた不信感が徐々にやわらいでいきました。

毎回きちんと体調について聞いて、患者の意思を尊重した治療をしてくださり、苦痛に感じることなく通院することができました。

どの先生もコミュニケーション能力が高く、人間味のある接し方をしていただけました。

体調に関しても、少しずつ痛みが和らいでいき、徐々に通常の生活が送れるようになり、とてもうれしく思っています。本当にありがとうございました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

今回はレポートをお書きいただきありがとうございます。半年も通われて症状が変わらないとなると、精神的にも不安になってしまいますよね。そもそもなぜそういうことになってしまうのか?それは状態の把握を画像でのみ行ってしまっているからなのです。肩こりや、腰痛もそうなのですが状態の把握をするためには、もちろん画像での診断も大切になってきますが、直接筋肉に触れたり、実際に動かしてもらったりすることで本人の自覚症状を確認することを怠らないということです。そして、把握した筋肉の状態に合わせて治療を行うことで事故によって出てしまった首の痛み、腰の痛みを改善に導くことができるのです。

AK様の場合は通常の肩こり、腰痛などの治療とは違い、神経症状が伴ってしまうような痛みだったので、直接的な手技を加えることが出来なくて大変でしたが筋肉の繋がりを使いながらなんとか治療させて頂きました。今では、患部の炎症も治まってきていてきゅうせいから慢性症状に変化してきていますので、このまま慢性症状に対しての治療を進めていきます。慢性の肩こりは主に姿勢の悪さによって血流の流れが悪くなり筋肉の柔軟性が低下し筋肉の出力も低下してしまい結果的にだるさ、重さ、時には痛みが伴うようになってしまうのです。慢性の肩こりの治療としては、崩れてしまった姿勢の矯正(関節の動きをつける)、硬くなってしまった筋肉のマッサージで姿勢を安定させるといった治療になります。慢性腰痛もこれと同じことが言えるんです。しかし、人はそれぞれの仕事をもち、それぞれの生活環境が違います。その中で慣れや、動きの癖というものがあり、そういったものが慢性の肩こりや慢性腰痛の原因となることが多くあります。例を挙げるとすると化粧品の販売員の方の腰の痛みはどこからくると思いますか?この場合は考えられる要素としては、腓腹筋というふくらはぎにある筋肉です。なぜ?それは販売員の方ほとんどが高いヒールを履き一日中立ちっぱなしの事が多く、足の筋肉が固まってしまうこと、ヒールを履くことで骨盤も前傾気味になってしまうことがあり、腰の筋肉にも知らず知らずと負担がかかってしまっているのです。と、このように慢性の肩こりや慢性の腰痛は普段の生活によって左右される事が多いのです。だからこそ私達は、慢性症状がどうゆう理由で起こってしまっているのか、何が原因なのかを毎回の問診で確認し治療を行っていくことで慢性症状を改善させる術を提供させていただいていますので今後も私達に体の治療はお任せ下さい。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「事故に遭うのは初めてで不安はありましたが...」伊藤様より豊田市らくだ接骨院の交通事故治療にご感想をいただきました

 
日進市、伊藤秀幸様

事故に遭うのは初めてで不安はありましたが

以前この接骨院に通っており、しっかり治療してくれるのはわかっていたので

治療の仕方などはすべて任せて時間とともに不安ははなくなりました。

毎回治療してもらうと痛みがはなくなるので感謝しています。

ありがとうございます。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

この度は治療レポートをご記入いただきありがとうございました。

まずは交通事故の際に身体にどのような事が身体に起こるかを説明させて頂きます。追突、いわゆる後ろから車をぶつけられた状態で、一般的には首や腰に症状が出る事が多いのです。伊藤様の場合も首と腰の症状でしたね。首という部分は56キロもある首を常に支えている状態なのですが、追突された時に体幹が前にずれてしまい、首だけが後ろに取り残させた状態になってしまいます。この状態で首が過剰に後ろに行ってしまう(過伸展)状態になり、更に反動で反対方向に大きく前に行ってしまう(過屈曲)の状態になってしまいます。過伸展、過屈曲は頚椎、靭帯、筋肉に大きな損傷を与えてしまうのです。

しかし、軟部組織(筋肉や靭帯)が損傷してもレントゲンには映らないのが病院で症状が認められない要因となってしまう事も事実です。そこに対して適切なアプローチをしていくのが私達の役目なのです。私達は、問診、検査を必ず行い現在の筋肉の状態を把握し損傷してしまっている際にも遠隔的なところからアプローチをかけたりしていき筋肉の症状を抑えていくといった治療をさせて頂きました。やはり、事故直後というのは筋肉や靭帯の損傷の程度がひどいため直接的に治す事ができないのです。だからこそ、損傷している筋肉にいかに負担がかからないように周囲の筋肉を緩めたり、患部を冷やしたりする事が大切になってきます。

患部の症状が治まってくると、肩や腰が重くなったり、だるくなったりして慢性の肩こりや腰痛のような症状が出てくる事が多いのです。これに関しては、損傷してしまった筋肉が修復する際に硬結といった筋肉の硬い組織が出来てしまうのです。最終的にはこの組織が取れてくるとしょうじょうはもっと安定してくると思いますよ!

腰の症状に関しても、座席に深く腰掛けてしまっている状態で体だけが前に行ってしまい、腰が残ってしまうため頭から腰のところまで付いている脊柱起立筋を損傷しやすくなってしまうのです。こちらも患部の状態を問診や検査で把握し適切な治療を施していきます。伊藤様の場合には筋肉自体の損傷の度合いは軽かったため、事故の際に緊張してしまった筋肉の柔軟性を高めるような治療を、マッサージや運動療法を使いながらしっかりと治療をさせて頂きますね。

こうつうじこのさいはいつでもらくだ接骨院を頼ってください。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「運転中に手首を痛めてしまい...」豊田市の二野様よりご感想in豊田市の交通事故治療 らくだ接骨院
 

豊田市  ニ野義基様

運転中に手首を痛めてしまい、そのまま仕事をしたのが原因で手首が曲げられないくらい悪化してしまい、ネットでホームページを見て来院しました。

治療計画等で丁寧に説明していただき、来院2回目からは、痛みもかなり減りました。

こんなにはやく治るとは思っていませんでした。ありがとうございました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません



【院長よりひとこと】

ニ野様、この度は手首の治療をご要望でのご来院、本当にありがとうございました。

実際に豊田市で接骨院の看板は掲げているものの、来院件数として手首や足首の怪我というものが案外少ないのが面白いところでもあります。やはり、当院は頭痛と伴う様な首や肩の痛み、椎間板ヘルニアや分離すべり症…といった頑固な腰痛をはじめとした腰の症状とお悩みをお持ちの方が大多数であり、当院のスタッフもそれに合わせた手技、テクニックなどを備えて日々練習を行なっております。

が、しかし そういった方だけではないのが実際でして。まぁ、結局どんな症状でもある程度は並以上に施術出来てしまう…というのが答えになります。

さて、少し話が逸れてしまい申し訳ありません。

さて、みなさん。運転中に痛みが発症したのであれば、実はこの場合は自動車保険が使用出来る事を知っていましたでしょうか?

自動車保険は車の運行中であれば利く保険なんです。では、この車の運行中…とはどういったものかと言えば、 法律上、「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう」と定義されています。

いまでは、この運行中…といった言葉をめぐって多くの裁判による判例がでて、何となくその解釈が定まってきた感はあります。

それによると、概ね車庫を出ているうちは運行中…といった解釈になる様です。だから、その自動車の運行中であれば、例え加害者としての相手が居なかったとしても、運転中でなかったとしても、それは自賠法でいう運行中と見なされ自動車保険が適応となるケースが多いのです。

ニ野様のケースは健康保険を使っての治療になりましたが、これを自動車運行中の事故なり怪我なり…といった形で自動車保険会社の窓口に届け出をすれば、通院日数に応じた接骨院に通院した慰謝料まで降りてくる…といった事になります。道義的にどうか…といった話は別にして、例えば「停車した後に車のドアで手を挟んだ」といった形で自動車運行中の怪我として訴えた場合も同様で自動車保険会社から補償を受取ることが出来る事は確かです。ただ、その場合には健康保険を使用した上で、その一部負担金を保険会社に補償してもらう…といった形になりますので、当然ながら病院、整形外科あるいは接骨院で治療を受けようとする際には窓口で健康保険証の提示が必要となりますので、こちらも覚えておいたほうがいいですね。

ニ野様は車の運転中に手首を痛められた…とのことですが、一般の方にとって運転中に手首を痛める?…と聞くと、少し違和感があるのかもしれません。実際に運転中の手首の怪我は我々一般的の人が思っているよりもケースとしては多かったりします。

例えば自動車が後方から追突してきた場合などは首の部分のむち打ち症状は簡単に想像できそうなのですが、最終的に前のめりになった体を支えてくれるのはステアリングに添えていた両手だった…というのもよく聞く話です。それこそ自動車が追突してくる様な物理的な外力がはたらいた際に、それを受け止めるはずの両手はかなり大きな負担がかかるでしょう。

交通事故で手首や足を損傷しているにも関わらず、事故によって損傷した確信が自分自身でも持てないから相手側の保険会社に訴えずにいる…といった事は実際問題として多く起こっています。(事故直後はそれほど痛いとは思っていなくても、時間が経つにつれてジワジワと痛みが増してくる可能性がありますので、早い段階でそれを発見し、「認めさせるべきは認めさせる」といったスタンスで保険会社の人身担当者に対峙しなければ、その部分に対する治療はほぼ認められず、結果的には自分で治療費を支払う…といったことになりかねません)これは早い段階で相手の保険会社であったり病院で診察してもらった際に訴えていないと、一定期間を過ぎたものであればなかなか(というかほぼゼロ)認められないのです。最近は保険会社の人身担当者もその部分はかなりシビアに追求する様になってきて、担当者によっては事故後48時間以内の診断でなければ認めない…といった感じで強く断られることもしばしばです。だからこそ、認めさせる部分は早い段階で訴えて診断書に書いてもらう、保険会社の人身担当者に訴える…という事を徹底して行っていく必要がありますので。交通事故に遭われた方は特に注意していただきたいです。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「1回の施術で大分楽になりました」豊田市のR様より交通事故、むちうち治療のご感想inらくだ接骨院
 

豊田市、R

足と首が痛くて辛かったのが

1回の施術で大分楽になりました。

症状を詳しく教えていただいたので、

安心して治療を受ける事ができた。

今後の通院で良くしていきたいです。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

R様、この度は交通事故により首や脚に傷を負われてしまったこと、お見舞い申し上げます。

R様は左側の首の痛みが強くて我々もその部位への治療に注力した経緯がありますが、

R様の様に片側の首に痛みを訴えられるむち打ち患者さんは豊田市で多くの交通事故によるむちうち患者様を治療させていただいている実績の中で、非常に多く見受けられます。

片側の首に違和感や痛みを感じられる理由の中で多いものは、追突や衝突の瞬間に横を向いていた…あるいは、交差点で衝突する際に真っ直ぐぶつからずに斜めから衝突して患者さんの首に捻れる様な応力がかかった…といった様に、かかってきた外力の方向性や、衝撃を受けた際の首の位置などが大きく関係するものです。

人間というものは脳が進化している分だけ頭が重い構造になっていますので、その細い首では相当

質量を持った頭の動きを受け止められない…という構造上の弱点があります。

その弱点が強い痛み…といった形で出てしうまうのが交通事故によるむちうち症状です。

片側の首が痛む原因は、先ほどの様な片寄った応力により、やはり片側の筋肉だけが強く損傷するような形となり、左右のアンバランスを巻き起こすことに起因します。

更に片側の筋肉が損傷により緊張した状態になってしまえば、緊張した筋肉により牽引された骨格が捻転、側屈などの変位を引き起こし、むちうち症状の代表的な症状である耳鳴り、吐き気、頭痛…といった付随する症状まで次々と発現する…といった末路になります。

だからこそ、交通事故のむちうち症状の後に続発する この様な症状を改善していくには、直接的に原因となっている首の骨の歪みを取っていくことも大切なのですが、その根本的な理由である片寄った筋肉の緊張を除去していくことがとても大切な要素になってきます。

そこで、必要になってくるのが  やはり左右非対称に緊張した筋肉にたいしての処置…ということになりますが、この左右非対称な首の筋肉の治療…豊田市内でもその部分をシビアに治療できるのは特に我々らくだ接骨院だと自負しています。

例えば事故により接骨院に通院し、片側だけが痛くて頭痛や吐き気、耳鳴り…といった症状があるにもかかわらず、一遍通りの左右対称治療がなされた際には、その接骨院の事故治療そのものを疑ってかからねばならないかもしれません。

だれも、担当してくれている接骨院の先生を疑ってかかることなどはしたくないとは思いますが、交通事故による治療はいつまでたっても出来る訳ではありません。定められた期間内に一定の成果を出し、しかるべきときには示談をしなければならない…という時限的な要素も決して無視できる様なものではありません。

理想は早い段階で成果を出して早い段階で示談交渉に進める様な身体づくりの手助けをさせていただく事であって、それを達成できないようであれば場合によっては通院する接骨院を変更する…という選択肢も考えていく必要もあるのではないかと考えます

これは我々らくだ接骨院に通院中の患者様にも言える事ですので、その分我々も自負を持って交通事故の患者様を治療していかなければならない…という事を再認識して事故患者様の治療び励んでいきたいと考えています。

R様の治療は現段階では順調に推移しているものと思いますが、身体はどの様に変化していくか油断できないものです。経緯を見守りながら治療法を常に精査し、最良な結果を出せるように治療をしていければと思います。

この度は事故によるむちうち治療のレポートをいただきまして、本当にありがとうございました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「半年間整形外科へ通いましたが、全く良くならず...」豊田市の植田様より交通事故、むちうち治療のご感想inらくだ接骨院


 豊田市、植田裕美様

昨年末に遭った事故で、半年間整形外科へ通いましたが、全く良くならず、

何とかしたくて、ネットでらくださんを知り、通わせていただきました。

1ヶ月しかない時間の中、首が全くといっていいほど曲がらなかったのが、

3日くらいで曲がる様になり、仕事もあまりできなかったのが、

かなりラクにできるようになりました。

ほんと、こちらへ通ってよかったです。ありがとうございました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません




【院長よりひとこと】

植田様、この度は保険会社の人身担当者からの強いプレッシャーの中、万難を排して当院に通院していただきまして本当にありがとうございました。

通常は半年間、他の病院や整形外科に通院した後に、そのまま接骨院に続けて通院する…と言い出せば保険会社の人身担当者は、自賠責保険で認められない療養費は当然の事ながら自社の持ち出し分になってしまいますので、負担額の増加を嫌って事故の怪我としての継続通院を拒否する場合が多くあります。なので、半年間整形外科に通院した後に、当院への通院を認めてくれた…といったケースは極めて稀であり、保険会社の人身担当者も比較的理解のある対応をしてくれたもの…として我々は捉えています。

最近は通販型の自動車保険会社も多い中、こういった事例はかなりすくなくなってきた様に思います。全ての事象には理由がある様に、通販型の自動車保険という商品が安く買える…という事にも理由があります。それは単にインターネットを介して売買する為に、代理店などに取られる中間マージンが無いから…といった理由だけでは説明しきれないものである事も豊田市で事故に遭ってお困りの患者さんに強調してお伝えしたい部分でもあります。

通販型の自動車保険が一般的な自動車保険に比べて安いのは今に始まった事ではありませんが、単に「安い」という理由だけで選ばれなくなってきている厳しい状況は各社抱えている問題である…という事は時々耳にするところですが、価格競争の結果、過度に安売り合戦が進行し、必要な部分(サービス)まで削らなければ価格競争に打ち勝てない…といった悪い地合いが通販型自動車保険のサービスの質を著しく低下させた要素である事も併せてお伝え致します。

やはり通販型の自動車保険で一般的に削られているサービスの一例としては、まず、「専任の事故担当者がつかない」といった事でしょうか。

やはり担当者が専任でないことによって何回も同じ様な事を保険会社に説明しなければならないケースや相手側への交渉もスムーズにまとまりにくくなるケースなども多々あります。

もちろん、担当者がつく事によって保険担当者が休みの際には交渉自体が前に進まない時期というのはどうしてもできてしまうのですが、実際に相手側と直接連絡を取り合って交渉をする…といった場面は思いの外多くは無い…と感じます。(実際に交通事故の被害者さんの話を沢山聞いていく中で、「1回きり事故後に電話があったけどそれっきり…」といった例は少なくはありません。要は要所要所できっちりやるべき事をやれば、事故の処理としては問題ない…とも言えます)

ですので、自動車保険を比較的していく際には担当者がつくか否か…といった要素はやはり重要になってくるのです。

あと、やはり自動車保険の保険料が安い…という事は保険会社の持ち出し分は最小限にとどめるべき…といった示談交渉の方針は揺るぎないものになる筈です。

(保険料は安いわ、自賠責保険でカバー出来なかった分の慰謝料などの自社からの持ち出し分が多いわ…では保険会社の収支というものも滅茶苦茶になってしまいますので…)

そうなれば、事故の相手側が「満足に補償が受けられなかった」といった理由で、自分が雇った保険会社を飛び越えて自動車の修理費用や事故の怪我にかかる医療費を請求される事だってあり得るんです。

だから、事故した際に相手側の保険会社はどこなのか…といった事も大切なのですが、自分が雇った保険会社がきっちり相手の補償に対応してくれる様な会社なのか…といった事も気にしなけらばならないという事になります。

長々とお伝えしましたが、安いなりに理由がある…といった事はよくお判りいただけたのでは…と思います。

こういった通販型の自動車保健に対しての関わり方として、相手側についた場合には警戒を…自分が契約するにしても警戒を…といった注意をして頂いた方がやはり無難です。

一方的な物言いをされた場合には「わかりました。少し考えさせてください」といった内容を伝えて一旦電話を切り、我々に相談したうえでそれが妥当か否かを判断し、最終的な答えを出された方が得策だと思います。

ちょっとした事でも分からないままにしていれば問題は知らないうちに大きくなってしまっています。問題が発生した時点で解決する癖をつけて事故の問題に対するストレスを極力減らした状態で施術に臨んで頂ければ幸いです。何か疑問点がありましたら遠慮なくらくだ接骨院までお問い合わせください。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光