交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>スタッフ日記

スタッフ日記

豊田市周囲地域での交通事故はご相談ください
豊田市、岡崎市、みよし市、刈谷市、安城市でも交通事故治療をお受けします

院長です。
今日は5歳の息子といつになく沢山の時間を共有 出来ました
一緒にサッカーをしたりカフェや買い物に行ったり…
家族としては当たり前の事かも知れませんが
3食一緒に食べる事が出来たのも良かったと思います
(いつも釣りにばかり行ってますしね…ごめん

日暮れ前には 近くのドブ川に野鯉(コイ)を釣りに行ったんですが
思っていた以上に息子が楽しんでくれていたので
がんばって釣らせた甲斐がありました。

エサは以前から多様なものを試していますが
一番有効なものは 何を隠そうコンビニで買った食パンであります。
今回はヤマザキパンが世界に誇るナノテクノロジー
超芳醇6枚切りを使用致しました。

ここから先は分かる人だけでいいんですが
道糸12ポンドのナイロンライン、
ショックリーダー2号(約8ポンド)フロロカーボン
チヌ針5号…と子供が雑に扱ってもいいように
全体的に太仕掛としました。

この釣りで面白いのは、パンが水面に浮いて流れるいる為に
コイが吸い込む瞬間が見れる所だと思います
「おっ、近づいてきた…吸うぞ、吸うぞ~…きたぁっ」
といった感じで とてもエキサイティングです。



川の両岸は この夏に伸びた雑草が茂っており
時々息子が見えなくなり、
落水したかと勘違いして肝を冷やした場面もありましたが
順調に釣り続け、
最後に80センチ級のコイを引き揚げた際に
タモのフレームがコイの重さで壊れて釣りは強制終了



息子も「もっと釣りたい」と言っていましたが 
ひぃひぃ言いながら細い腕でコイの引きも十分に楽しんでいましたし
「また今度な…」と言い聞かせて帰ってきました


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もお
こんばんは、 こうやです


ゆうきちゃんに続いて 車のことなんですけど、
来月9月に とうとう 車検がきます


もぉ そんなに経つのかぁって思うと早いです

と言っても 早く予約しなければ
しかも どこに出そうかも全く決めてない状況


早く探して予約しないと

どこか オススメな所 あったら 是非教えてくださいな

投稿者 らくだ接骨院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
いつから!?!?
こんばんは

ゆうきです!!

今日車の修理に行ってきました
まぁあ出してくれたのは親ですが・・・笑

助手席のドアの鍵が中から直接ドアの鍵を開けないと空かなくなってしまったんです・・・

でもいつからなのか・・・・ずっと気が付きませんでした。笑

運転席にしか乗らないので

でも無事に直って帰ってきました☆

よかったよかった


ではおやすみなさい
投稿者 らくだ接骨院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
今週の1枚
健です。
こんばんは
そしてお久しぶりです



舞鶴魚市場にて

投稿者 らくだ接骨院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
豊田市の交通事故治療治療はらくだ接骨院にどうぞ
お盆休みの期間中、交通事故には遭遇していませんか?豊田市らくだ接骨院にご相談下さい

院長です。
いや、日曜日はホントにやばかったです。
実はいつものように家族を置いて一人で釣りに…
(いや、いつもではないんですが…はは
カセと言って、養殖カキのイケスに小舟を係留してある釣り場です。
早朝5時、船頭さんに カセに渡してもらい、釣り開始です。

一日前の天気予報では 一日通して小雨との予報…
少しの雨なら 嫁も息子も外出は控える傾向ですので
釣りに行くなら 小雨くらい降っている方が好都合です。

釣り開始から正午過ぎくらいまでは時折小雨がぱらつく程度で順調
その後周囲の景色は、ほんの数分で一変
気が付けば土砂降りの雨と激しい雷の中で釣りをする羽目になりました。
…とここまでならよくある話なんですが
その雷がだんだんと近くなって
ついには目の前の山にまで落ちました
ピカ、ゴロゴロなんて子供の劇みたいな手ぬるいものじゃないです
もぉ、ドカーンです 
ヤバいです、死んでしまいます
あんなのに撃たれたら頭にパーマがかかる程度じゃ済まされません

とりあえず歩伏前進の状態で釣り道具を片付けます
釣りエサの残骸とかがありますが、「汚いから…」なんて言ってる場合じゃありません
その間も、ものすごい雨量で小舟の中に雨が降り続け、
小舟に排水用の穴があるんですが
排水しきれずに舟の上は水深3センチくらいの水たまり…
うわぁ…はよ帰りたい

ばしゃばしゃと移動しながら道具を詰め込んで船頭さんを待ちます
 もぉ…はよ迎えに来てちょ… 
後でよく考えれば すぐに分かる事ですが
あんな状況で迎え船を出せるはずもありません
船底にへばりついたまま雷をやり過ごし、
少し雷も落ち着いてから船頭さんが迎えに来ました。

他のお客さんも全員乗っています
そやぁ、あの状況で釣り続行の人は誰もいないでしょう
生きて帰って来れた事をこの日以上に喜べた日はありません
いや、死なねで えがった…
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光