交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>スタッフ日記

スタッフ日記

鞭打ちによる頭、首、背中、腰などのリハビリはお任せください。
鞭打ちによる頭、首、背中、腰などのリハビリはお任せください

院長です
先日、またまた釣りに行ってきたんですが
今回の趣旨はいつもと少し違っていました
近所のイケてる寿司屋さん、「新寿司」
生きたクロダイを納品する…というミッション付きでした

別に魚の卸問屋の新事業を立ち上げたワケじゃぁありません
新寿司の若大将が店の水槽で飼ってくれるって言ってくれたんです。

今までの私の釣りは
釣り上げた後に写真なんぞ撮影し、
自宅で捌いて家族に振る舞う…って事で完結していたんです
人に見せたり、ソレを飼育してもらう…
なんて事は考えた事もありません。
こりゃぁ新境地だな…何か新しい事が起こるかも知れない
今まで感じた事の無い気分を味わえるのかも…と思い
若大将の提案に甘える形で「生かして持って帰る」事に挑戦しました

かなり大きめのクーラーボックスに海水を入れ、
酸素を供給する為に特性のブクブクを作り、
釣り上げた魚を傷つけないように優しく針を外して生かしておきました。

案の定、車での移動中はバチャバチャと水が漏れましたが
車の中に沢山の新聞紙を敷いていた為被害は最小限に…
しかし途中で伊勢湾岸道路の渋滞に捕まり、
眠いのを我慢して運転したんですが、
結局帰れたのは午前様でした。

もう遅かったので明日の早朝に魚を持って行く事にして
その夜は寝ました。
朝起きて魚を見るとクロダイが逆さになってお腹を見せたような格好になっています
「?」
他の魚も浮かんでいるのを見て死んでしまっているのはすぐに分かりました。
どうやら夜中に魚が暴れたらしく、
ブクブクのビニールホースを装置から引き抜いてしまい
酸欠になった様です。

苦労して持ってきたにも関わらず
最期を看取る事が出来ずに永眠なさいました
これから自分のおかれる環境に不安を感じたんでしょうか
最終的には自分で生命維持装置を切る形で自分の命に終止符を打ったワケです
出来る事なら その胸ビレにそっと手を添えた形で臨終の瞬間を迎えたかったです
クロダイさん、安らかに眠ってください。
合掌

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交通事故専門の治療が受けられます!!豊田市らくだ接骨院までどうぞ!!
交通事故専門の治療が受けられます!!豊田市らくだ接骨院までどうぞ!!

こんばんは!!

ゆうきです!!

水曜日に部屋のフローリングを張り替えたんですけど......接着剤くさいんです。。。

鼻がツーンってするんです。。。

早くこの匂いが無くなることを祈ります・・・

でもきれいな床はやっぱりいいですね♪♪♪

では、おやすみなさい。。。。。
投稿者 らくだ接骨院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交通事故などから起こる むちうち症状、腰痛お任せ下さい!
交通事故などから起こる むちうち症状、腰痛お任せ下さい!


こんんにちは、こうやです


ここ最近 ますます花粉症がひどくて困ってます


朝起きると鼻水が・・・

らくだに出勤しても鼻水が・・・

ベットに横になって寝ようとしても鼻水が・・・

・・・


何かいい花粉症対策は無いでしょうか

良い情報!待ってます


投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛・腰痛などでお困りの方はご相談下さい。
頭痛・腰痛などでお困りの方はご相談下さい。

こんにちは
石川です

お休みの日に、朝から銭湯に行ってきちゃいました
いつも夜に行くので、朝はまた新鮮な感じでした


サウナで汗をかき、入浴後には20分¥1500のマッサージもやり、
すっきりしておうちに帰り、午後またお出かけ

何だかとっても贅沢な休日を過ごした気分になりました

ではでは

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
示談交渉、賠償の面でも事故患者さんをサポートします
示談交渉、賠償の面でも事故患者さんをサポートします

院長です。
先日、家族で岐阜県の温泉に出掛けました。
創業以来、結構歴史のある旅館らしく、
湯上がり後の待合室の様な場所に古い地図が壁に掛かっていました
使われている漢字も昔風で、水墨で書かれた古地図でした

美濃国、伊勢国といった大まかな方向や地域、山の名前…
当たり前ですが 国道何号線…なんて表記は無く
目印は山や川、小さな部落くらいなもんでした。

いや、これをアテに旅なんて出来ないよな…って思いました
実は、私自身 最近ようやくスマホに替えたばかりで
目的地を入力すれば、そこまでの電車の乗り方や歩き方まで教えてくれるワケです。

昔の人達が頼っていた僅かな情報だけでは何も出来ない自分に気付き、
彼らはどういう気持ちで旅をしたんだろうと考えさせられました。

ほら、だって「国道沿いにまっすぐ、パチンコ屋さんで右折…」
なんて道案内、一切出来ないはずです
普通の人なら引きこもりますよね…
「道がよく分からないから 今回はやめ」
って感じになっても おかしくはないです。
少なくとも私自身、山や川を目印に旅行をした事なんてありませんし
今走っているのが国道何号線なのか分からずに
自分の進む道を確信出来ないだろうと思います
だから、昔旅に出るってのは 知らない人にとっては
相当な決意の必要な事だったんじゃないのかと思います

モノが発達すると同時に人間自身が退化している危機感…
今更原始時代の人間にはなれないでしょうが
手に入れている物と同等に失っている事も認識しておいた方がいいんでしょうね
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光