交通事故治療に自信があります!きっちり良くする!職人気質の接骨院
HOME>院長のひとりごと

院長のひとりごと

sha-la-la-la


以前はまばらでしたが 最近はアイポッド持っている人が多いですね
コンピューター部門では低調でも モバイル端末では破竹の勢いです。
僕もアイポッドは持ってます
持っていましたと言うべきなのか……
つまり携帯するのが面倒で結局 孝弥にあげちゃいました
いや、我ながら何がしたいんでしょーか…ホント

で、最近は携帯電話に音楽を入れてイヤホンマイクで聴いてます
端末が変わる度にCDからパソコンに音楽を入れ直すのも面倒だとも思いながら
しぶしぶ 昔から集めていた沢山のCDから流行りものまでを厳選して
お気に入りのウォークマンに仕上げておりました。
何気なく手に取ったアルバムの一つ一つに思い出が…
な~んて湿っぽい感情に浸ってる場合じゃないですが
中学、高校とよく聴いていたカーペンターズを手に持った所で
何となく手が止まって
思わず 「おおお~っ」 と小さく歓声
後で気付く事になりましたが この「おおお~っ」 の意味
その時には自覚はありませんでしたが
一曲ずつ よく聴いてみると やはり様々な記憶とリンクしており
思い出の一部分として その楽曲が共存してるんですな…
うわぁ、思い出の一部分なんて 言葉使うと 何だか むずかゆくなってきます。
我ながら自分が気持ち悪い
多分 らくだ接骨院の患者さんが聞いても
虫唾が走る思いなんでしょう (スミマセン) 

中学くらいの時なんぞは 歌詞に込められた意味も ろくに噛みしめようともぜずに
愚かにも英語で歌うことのみが「かっこいい」などと思っていたんですが
いやぁ、今となっては ただ恥ずかしいばかりで…
だからと言って その楽曲そのものの価値が否定されるワケでは決してなく、
名曲「イェスタデイ ワンスモア」の一節
Evry sha-la-la-la  Evry wo-o-wo-o
(エブリ シャラララ エブリ ウォウォウォ) なんぞは
昔のように「テキトーな歌詞だなぁ」とは思わず、
伝えたい気持ちが歌詞を乗り越えて具現化されたものにさえ思えてきます
(実際はラジオから流れる曲の一節を表すフレーズ)
カレン・カーペンター自身がどういう気持ちで歌っていたのかは分かりませんが…
僕にとってはいまだに新鮮で いい曲です

高校とかでは「ハードロック」を聴いている友人に
「自分はカーペンターズを…」 なんて恥ずかしくて言えなかったんですが
今となっては そんな下らない見栄も どこか虚しくて馬鹿馬鹿しいです
30歳過ぎてからは 何故か昔を恥ずかしく思う事が多くなりました。
年配の人からすると それすら滑稽に思えるでしょうね

今回の写真は21年末(12月)の「らくだ忘年会」での写真です
うちのスタッフには時々自分でも理不尽な事を言っているなぁ
と反省していますが、みんなよくやってくれてます
今年もがんばりましょう



投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
うまい棒

先月、僕の兄が接骨院に来た時の話です。
当然僕は患者さんの治療をしていたんですが、
僕を見据えてツカツカと寄って来る兄を見て
「え、なに?」といった感じで治療の手が数秒とまっていた所へ
おもむろにバッグの中から「うまい棒30本バラエティーパック」を出し、
「誕生日おめでとう」
……!! そうでした。今日は僕、誕生日でしたっけ。
それにしてもプレゼントが「うまい棒」……
「これが30歳過ぎた男に対して贈るプレゼントか? 馬鹿にするな!」
と言って プレゼントを強く床に叩きつけた
というのは真っ赤なウソで これが不覚にも非常に嬉しくて
男32歳、「うまい棒」を抱えて幸せいっぱいの見苦しくも情けない笑顔をさらし、
待合室で待っていた数人の患者さんの視線に気づいて赤面いたしました。
今更祝うような歳でもありませんが、人に祝ってもらえるってのは有難いものです。
自分だけ無意味に歳だけを重ねているように思えても
子供は思いのほか早く成長するし、知らない間に両親は驚く程老け込んでいる。
自分の過去と未来をそれぞれに重ねて感傷に浸る程感慨深い訳ではありませんが、
今の自分でしか出来ない事を、確実に今やっておかねばならんよなぁーと思い、
しみじみと多彩な色と味のうまい棒を噛みしめておりました。
それにしても「サラダ味」ってなんなんでしょうか? (うまい棒サラダ味)
名付け親は 毎日こんな不自然な味のサラダを食べていたんでしょうかね?
味付けに対するネーミングが投げやりです。まぁ、美味しいから許します。

さて、今回の写真は夏の終わりにスタッフと行った海水浴でのバーベキューです。
3人ともモリを持って魚を突いた後ですが、僕は疲れてグロッキー
孝弥だけ一日中ハイテンションといった具合に対照的な様子がよく表れている絵になりました。

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アトミックハート

先日ミスチルのアルバム「アトミックハート」を買いました。
分からない人も多いかと思いますが10年以上前に発売されたものです。
今更? そんな感じですが僕はこのアルバムの流れが好きでして、
最近ではベストアルバムとかも発売されているんですが、こちらにしました。
確かにベストアルバムの方が良い曲が沢山あって良いんですが、
既に発売されているアルバムにある筈の曲が何の脈絡も無しにポンと出てくると、
どうしても聴いていてアレ?って思ってしまいます。
(脈絡ってのもおかしな考え方です。確かに曲ってのは、それ1つで完結しているものなんでしょうが、アルバムの序盤は盛り上がって、中盤は落ち着いたバラードで、最後は…といった楽しみ方も正当じゃないかとも思います)
その上、特に2枚組みとかのベストとかで多いんですが、
曲数が多すぎてアルバムとしてのイメージが散漫になる気がします。
あくまでアルバムという曲の集合体を1つの完成品として捉えると違和感アリアリな訳です。
ひねくれたスタイルで音楽を聴いている訳じゃなくて、気が付くとそうなってるんです。
中学生が自分なりのベストアルバムを編集する時に曲順をあれこれ悩むのは同じような理由からじゃないでしょうか。
話がダラダラと長くなりましたが、そういった点でこの「アトミックハート」はイケてます。
車で聴いている時なんぞは、ついつい歌ってしまいました。
酸っぱい顔してキンキンの声で…
対向車から見ればさぞアホに見えたでしょうに。

さて、今回は 少し前の話になるんですが 健先生と一緒に釣りに行った時の写真です。
(健先生が特大の鯉を釣り上げた場面です)
真昼間に男3人が社会貢献する訳でもなく ドブ川で鯉を釣って騒いでいましたから
さぞ残念な人達に思われていたでしょうに……

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
さくらさくら

どうも、院長です。最近、妙に春が待ち遠しく思えるのは環境に適応する能力が年々薄れてきているからなんでしょうか…(我ながら変な冒頭です。最近衰えの報告ばかりしているような気がします…)。
テレビでは桜の開花予想がどうだとか、まだ枝ばかりの木に数個だけ早咲きした桜の花を指さしてキャスターが騒いでたり…。ニュース番組で社会問題もそこそ こに、ひとつの花でこれだけ大騒ぎする民族もなかなかいないでしょうに。なんだかんだ言って、やはり日本は平和みたいです。少なくともガザのように空爆に 曝されている訳でもありませんしね…。
でも僕自身桜の花は好きです。多分日本人は桜そのものよりも桜のある風景が好きなんじゃないかと思います…。週末にカメラを持って出かける写真好きなお父様方は桜そのものよりも、桜の溶け込んだ風景を残しておきたいのではないかと…。
僕は息子が生まれた年から続けている事があります。毎年桜の季節になると並木の下で息子と家内を写真に収める…といった何の変哲も無いような事なんです が、息子の成長過程や家内の年々増えるシワの数をフレームに収める事で、「これは何月何日の写真だよ」という説明よりも確実に説得力やインパクトのある風 景が撮れる気がするからです。
同じ風景や思い出を共有した証拠…なぁーんて言い方すると何だか暑苦しくなってきます。そんな鳥肌の立つような話ではなくて、単に僕の道楽の一つとして今後も家族には付き合ってもらう事になるかと思います。
今回の写真は風景と言うには程遠い…というか桜そのものなんですが、色彩とその対比が綺麗なので載せてみました。去年の写真ですが、タイミングのいい時に花見が出来たと思います。桜の花の柔らかみのある空間的な広がりもいー感じです。(*´∇`*)

投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
Run out

先日、昼休み銀行に行こうと久しぶりにチャリに乗りました。
昔と比べるとわざわざチャリンコなんぞに乗って行くような理由もないんですがね…偶然うちのスタッフの車が僕の車が出にくくなるような場所に駐車しておりまして、「こりゃ 車以外で行け」って事だろう…と自然な流れでチャリンコに。
ヨロヨロしてます…ちょっとした段差でもコケそうにもなります。こんな所でコケたらかっこ悪いし、誰か患者さんに見られるだろうなぁ…
しばらく走って近所でも比較的急な上り坂に差し掛かると、同じ方向にチャリを走らせるおばちゃんに追いつきます。道幅も大して広くはない上に車の通りが激 しく危険な道なので、おばちゃんを追い越して先に……と思ったらおばちゃん「立ちこぎ」を開始。にわかにスピードアップして 追い越そうとしていた僕とま さかの並走。 Σ(゚д゚;)
この状況…なんか嫌だ。「この人、私と同じスピードで走って…痴漢?ひったくり?」なんて思われるのも嫌です。かと言って自分が速度を落としてタラタラと金魚のフンのように彼女の後をついて坂を上るのも御免です。
「追い抜かなければ! それも自分が必死に立ちこぎをして抜くのでは大人気がない。自分はサドルに座ったまま余裕の顔つきで追い抜いて格の違いを見せつけながら勝たなければならない!」
両足の筋肉がプルプルするのを必死でこらえながら このデッドヒートを制し、安っぽい自尊心を守った代償は翌朝からの筋肉痛でした。 ε=ε=(;´Д`)
今回の写真はこの前釣ったマスです。初めて刺身にしてみました。川魚独特の小骨は残りましたが、味は真鯛に近いように思いました。「おほっ、うまっ…」 (*゚▽゚*)
投稿者 らくだ接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クービック予約システムから予約する
メ~テレ番組 反転の光